2010年公開の映画『キック・アス(Kick-Ass)』。アメコミのヒーローにあこがれるオタク少年が、ヒーローになろうと決意して「キック・アス」という名前のもと活動するストーリーです。

スーパーパワーもない、強いて言うなら色々あって体が頑丈なくらいしか強みのない彼が、勇気を出して戦っていく姿はかっこいいですよね。あとクロエ・グレース・モレッツ演じるヒット・ガールがめちゃくちゃかわいい。

今回は、そんな映画『キック・アス』の主題歌・挿入曲をご紹介していきます。劇中で気になった曲を探すのにぜひ使ってもらえたら嬉しいです。

映画『キック・アス(Kick-Ass)』主題歌・挿入曲一覧

Stand Up/The Prodigy

冒頭含め、映画の所々で流れる曲。例えばデイヴが登校するシーンとかで流れていますね。やたらと耳に残っている人も多いんじゃないでしょうか。

Can’t Go Back/

レッドミストが映画館に着いたときに流れる曲です。

Omen/The Prodigy

キック・アスに扮したデイヴがドーナツ屋の前で勇気を出してチンピラに絡み、ボコボコにされるシーンで流れる曲。戦い慣れていないにもかからず、気合で立ち向かった彼はかっこよかったですね。

Bongo Song/Zongamin

キック・アスがYoutubeで拡散され、活動を再開するときに流れる曲。

Banana Splits/The Dickies

麻薬の売人たちをヒット・ガールが皆殺しにしてしまうシーンで流れる曲。この無邪気な「ラーラーラー♪」というコーラスが、容赦なく敵を葬っていくヒット・ガールの姿に絶妙に合っていますよね。

Starry Eyed/

デイヴが片想いしているケイティの家で彼女の背中にクリームを塗るシーンで流れている曲。ゲイと勘違いされたことでデイヴが得した体験でした。

This Town Ain’t Big Enough For The Both Of Us/

デイヴがキック・アスのマントを鏡の前で試すシーンで流れる曲。ちょっとバットマンぽくマントを翻すところが好きですね。

This Town Ain’t Big Enough For The Both Of Us/Sparks – 歌詞和訳を見る

We’re All In Love/The New York Dolls

ケイティにキック・アスの正体を明かすシーンで流れる曲です。

Per Qualche Dollaro In Piu (For A Few Dollars More)/Ennio Morricone

普通の少女に扮したヒット・ガールが敵のアジトに乗り込むときに流れる曲。消音銃で容赦なく始末する彼女は可愛くも恐ろしいです。

/Joan Jett & The Blackhearts

ヒット・ガールが敵のアジトで暴れまわる時に流れている曲。原曲はこちらですが本編ではおそらくカバーが使われていますね。この映画を代表するシーンで、痛快なアクションが見どころです。

An American Trilogy/

ヒット・ガールの窮地にキック・アスがジェットパックを背負って現れ、機関銃を乱射するシーンで流れる曲。

Make Me Wanna Die/The Pretty Reckless

エンドロールで流れる1曲目。

Kick Ass/MIKA Vs RedOne

エンドロールで流れる2曲目。