Smile/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
though your heart is aching
心が痛むときも笑って
even though it’s breaking
たとえ壊れてしまっても笑って
When there are clouds in the sky, you’ll get by
空に暗雲が立ち込めたって大丈夫、なんとかなるよ
If you through your fear and sorrow
不安や悲しみを抱えながらも笑顔でいるんだ

笑ってれば
And maybe tomorrow , You’ll see the sun come shining through for you
明日は君のために太陽が輝くよ

[Verse 2]
Light up your face with gladness
喜びで君の顔が光り輝く
Hide every trace of sadness
今は悲しみの影を隠して
Although a tear may be ever near
涙がこぼれそうだけど
That’s the you must keep on trying
そんな時こそトライし続けるんだ
Smile, what’s the use of crying?
笑って、なぜ泣きたくなるんだい?
You’ll find that life is still worthwhile
人生はまだまだ捨てたもんじゃないって思えるよ
If you just
笑っていればね
That’s the you must keep on trying
そんな時こそトライし続けるんだ
Smile, what’s the use of crying?
笑って、なぜ泣きたくなるんだい?
You’ll find that life is still worthwhile
人生はまだまだ捨てたもんじゃないって思えるよ
If you just
笑っていればね

曲名
(スマイル)
アーティスト名
(ナット・キング・コール)
収録アルバム未収録
リリース日1954年 (シングル)

Smile/ 解説

ナット・キング・コールはアメリカのジャズピアニスト、シンガーです。

」は1936年のチャールズ・チャップリンの映画『モダン・タイムス』で使われたインストゥルメンタルのテーマ曲で、チャップリン自身が作曲しました。それから約20年後の1954年にジョン・ターナーとジェフリー・パーソンズによって歌詞とタイトルが付け加えられました。

スマイルは分かりやすくて奥深い、素敵な曲です。昔の曲は普遍的なテーマで優しい歌が多いです。マイケル・ジャクソンを始め、たくさんのアーティストにカバーされた曲ですが、エルヴィス・コステロのヴァージョンが個人的にオススメです。