/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Well, Billy rapped all night about his suicide
ビリーは一晩中、自殺についてしゃべり続けた
How he’d kick it in the head when he was twenty-five
25歳の時に自分の頭を蹴り上げたんだって
Speed jive, don’t want to stay alive
クスリ漬けの毎日で生きていくのが嫌だったみたい
When you’re twenty-five
君が25歳の時はどうよ?
And Wendy’s stealing clothes from Marks &
ウェンディはマークス&スペンサーから服を盗んだ
And Freddy’s got spots from ripping off the stars from his face
フレディは顔についた星をとってシミを作ってしまった
Funky little boat race
まったくファンキーなボートレースだよ
Television man is crazy saying we’re juvenile delinquent wrecks
テレビに出てる奴らは俺たちをイカれた不良少年だとよ
Oh, Man, I need TV when I’ve got
俺はT.Rexを見るのにテレビが必要なんだ
Oh brother, you guessed
お前らが言うように
I’m a dude, dad
俺は若きクソ野郎さ

Marks :衣料品・靴・雑貨・食品を販売するイギリスの小売事業者

[Chorus]

すべての若き野郎ども
Carry the news
面白い話はないか
Boogaloo dudes
ブーガルー野郎ども
Carry the news
面白い話はないか

Hey dudes!
野郎ども
Where are you?
どこにいるんだ
Stand up, c’mon
立ち上がれよ
I want to hear you
聞かせてくれ
I want to see you
お前らに会いたい
I want to talk to you, all of you
お前と話がしたいんだ、お前ら全員とね
Nowwww
今すぐな

Boogaloo:ブーガルー。1965年から1970年ごろにかけて主にニューヨークで流行したラテン音楽。

[Verse 2]
Now Lucy looks sweet cause he dresses like a
ルーシーは女王のようなドレスを着飾って魅力的なんだが
But he can kick like a mule, it’s a real mean team
ラバのように蹴るし、実は意地悪な奴さ
But can love
でも俺たちは愛しあってる
Oh yes, can love
そう、俺たちは愛しあってるんだ
And my brother’s back at home
兄弟が故郷に帰ってくると
With his Beatles and his Stones
ビートルズだのストーンズだのって
never got it off on that revolution stuff
俺たちは革命なんて知ったこっちゃないのに
What a drag, too many snags
面倒だし、なんだか邪魔くさいよね
Now I’ve drunk a lot of wine and I’m feeling fine
俺は今、大量のワインで超ご機嫌
Got to race some cat to bed
猫とレースしたり、一緒に眠ったり
Oh is that concrete all around
ここは監獄の中?
Or is it in my head?
それとも俺の頭の中なのか?
Yeah
I’m a dude, dad
俺こそが若きクソ野郎さ

mule:ラバ。雄ロバと雌ウマとの雑種。
What a drag:

[Chorus]

すべての若き野郎ども
Carry the news
面白い話はないか
Boogaloo dudes
ブーガルー野郎ども
Carry the news
面白い話はないか

Hey dudes
野郎ども
Where are you?
どこにいるんだ
Stand up
立ち上がれ
ha ha
(笑)
I want to hear you
聞かせてくれ
I want to see you
お前らに会いたい
I want to relate to you
お前たちと繋がりを持ちたいんだ
What dudes?
どうだ野郎ども?
Let’s hear the news, c’mon
いい話を聞かせてくれよ
I want to kick you, ha ha ha ha
蹴り飛ばしてやるから(笑)

[Outro]

すべての若き野郎ども
Carry the news
面白い話はないか
Boogaloo dudes
ブーガルー野郎ども
Carry the news
面白い話はないか

Hey, you there
そこのお前
With the glasses
メガネをかけたお前
I want you
お前が欲しい
I want you in the front
最前列に来いよ
Now
今すぐね
Now, you’re his
お前は彼の友人だから
Now you bring him down
お前は彼に従え
‘Cause I want him
そして俺は彼が欲しい
Ha, ha, ha
(笑)
I want him right here
彼をここに連れてこい
Bring him, c’mon
こっちだ
Bring him
こっちだよ
Ha, ha
(笑)
Here you go
行け
I’ve wanted to do this for years
ずっとこうしたかった
There you go!
行っていいぞ
How’d it feel?
どんな気持ち?

曲名
(邦題:すべての若き野郎ども)
アーティスト名
(モット・ザ・フープル)
収録アルバム
リリース日 7月(シングル)
(アルバム)

/ 解説

」はイギリスのグラムロックバンド、モット・ザ・フープルが1972年に発表した楽曲です。邦題の「すべての若き野郎ども」はいいタイトルですね。

ロックンロールアンセムとして有名です。今聴くと「Hey Jude」っぽく聞こえます。デヴィッド・ボウイの作詞作曲プロデュースです。この曲がバンドの圧倒的な代表曲ですが、「Saturday Gigs」と「Honaloochie Boogie」も大好きです。

モット・ザ・フープルは哀愁とロマンを感じるし、グラムロック然としてますよね。