Easy On Me/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
There ain’t no gold in this river
この川には黄金に輝くものなんてないの
That I’ve been washin’ my hands in forever
ずっとこの川で手を洗っているけれど
I know there is hope in these waters
この水の中に希望があるのは分かっているわ
But I can’t bring myself to swim
でも泳ぐ勇気が出ないの
When I drowning in this silence
この沈黙の中で溺れているから
Baby, let me in
ベイビー、私を受け入れて

アデル自身の私生活はあまり語られることは多くありませんが、2017年に結婚するもその生活はうまくいかず、2019年には別れを選択していたことが分かっています。「川」は彼らの関係を表すものであり、その関係が終わりかけた時その中に価値を見出せなくなったことを描いています。

[Chorus]
Go easy on me, baby
手加減してね、ベイビー
I was still a child
まだ子供だったの
Didn’t get the chance to
Feel the world around me
自分の周りにある世界を感じることもできていなかったのよ
I had no to choose what I chose to do
自分のした選択だけれど、時間が足りなかったの
go easy on me
だから手加減してね

離婚に伴い経験した、まだ幼い子供とのやりとりを回顧し、母でありながらもまだ未熟である自分を許してほしいと息子に願う気持ちを歌っていると考えられます。

[Verse 2]
There ain’t no room for things to change
もう変えられる余裕なんてないのね
When are both deeply stuck in our ways
お互いの道に縛られてしまっているから
You can’t deny how hard I have tried
私がどれだけ頑張ったかはあなただって分かっているはず
I changed who I was to put you both first
あなたたちを一番に大事にするために、自分自身すらも変えたの
But now I give up
でももうできないわ

良い関係を保とうとするも、既にすれ違いは深く、努力の末であっても修復はできなかったことが伺えます。良き妻であり母であるために自分を変えようとしてもうまくいかなかった、アデルの葛藤が描かれています。

[Chorus]
Go easy on me, baby
手加減してね、ベイビー
I was still a child
まだ子供だったの
Didn’t get the chance to
Feel the world around me
自分の周りにある世界を感じることもできていなかったのよ
I had no to choose what I chose to do
自分のした選択だけれど、時間が足りなかったの
go easy on me
だから手加減してね

[Bridge]
I had good intentions
全て良かれと思っていたのよ
And the highest hopes
高い希望を抱いていたの
But I know right now
でも今ならわかるわ
It probably doesn’t even show
そんなの傍目からじゃ見てとれなかったのよね

当然のことながら、当初は幸せで、悲しい結末が訪れることなど想像もしておらず、希望に満ちていたことを歌っています。

[Chorus]
Go easy on me, baby
手加減してね、ベイビー
I was still a child
まだ子供だったの
Didn’t get the chance to
Feel the world around me
自分の周りにある世界を感じることもできていなかったのよ
I had no to choose what I chose to do
自分のした選択だけれど、時間が足りなかったの
go easy on me
だから手加減してね

曲名Easy On Me
(イージー・オン・ミー)
アーティスト名
(アデル)
収録アルバム30(Album)
リリース日 (シングル)
(アルバム)