Fairytale Of New York/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1: Shane MacGowan]
It was Christmas Eve, babe
あれはいつかのクリスマスイヴ
In the drunk tank
泥酔タンクの中だった
An old man said to me
じいさんが俺にこう言ったよ
“Won’t see another one”
“もう誰も来ないな”
And then he sang a song
‘The Old Mountain Dew’
そして彼は「The Old Mountain Dew」を歌ったんだ
I turned my face away
すぐに俺は顔を背けたよ
And dreamed about you
そしてお前の夢を見たんだ

drunk tank:飲酒タンク。酔った人々を収容する施設。
The Old Mountain Dew:アイルランドに昔から伝わる酒の歌

[Verse 2: Shane MacGowan]
Got on a lucky one
やったぜ
Came in eighteen-to-one
18倍が来たぞ
I’ve got a feeling
いい予感がしてたんだ
This year’s for me and you
今年の俺たちは最高だよ
So, Happy Christmas
ハッピークリスマス
I love you, baby
愛してるよ、ベイビー
I can see a better
明るい未来に乾杯
When all our dreams come
俺たちの夢が叶ったんだ

Got on a lucky one:競馬で当てたようです。

[Verse 3: Kirsty MacColl]
They’ve got cars big as bars,
あの人たちはバーのような大きな車に乗ってるのね
They’ve got rivers of gold
きっと黄金の川を手に入れたんだわ
But the wind goes right through you,
でも風が通り過ぎて
It’s no place for the old
年老いた人間の居場所がなくなった
When you first took my hand on a cold Christmas Eve
あの寒かったクリスマスイヴに初めてあなたの手を握ったわ
You promised me Broadway was waiting for me
あなたはブロードウェイで私を待ってるって約束してくれた

[Verse 4: Kirsty MacColl & Shane MacGowan & Together]
You were handsome!
あなたはイケメンで
You were pretty, of New York City
お前も可愛くてニューヨークの女王さ
When the band finished playing
バンドが演奏を終えても
They howled out for more
客はもっとやれの大騒ぎ
Sinatra was swinging
シナトラはスウィングして
All the drunks, they were singing
すべての客が飲んで歌ってる最中に
kissed on a corner
私たちは隅っこでキスした
Then danced through the night
それから夜通し踊った

Sinatra:フランク・シナトラ

[Chorus: Shane Macgowan & Kirsty MacColl]
The boys of the NYPD choir
Were singing, “Galway Bay”
ニューヨーク市警の聖歌隊は「Galway Bay」を歌っている
And the bells were ringing out
そして鐘が鳴り響いた
For Christmas Day
クリスマスのために

NYPD:ニューヨーク市警察
Galway Bay:アイルランドの古くから伝わる歌

[Verse 5: Kirsty MacColl & Shane MacGowan]
You’re a bum, you’re a punk
アンタは飲んだくれのダメ人間
You’re an old slut on junk
お前はヤク中の売春婦
Lying there almost dead on a drip in that bed
寝たきりで点滴打ってるような死に損ない
You scumbag, you maggot
このクズ野郎、ウジ虫
You cheap, lousy faggot
ケチでオカマ野郎
Happy Christmas, your arse
ハッピークリスマス、クソ野郎
I pray God it’s our last
これが最後になるように神様にお祈りするわ

[Chorus: Shane Macgowan & Kirsty MacColl]
The boys of the NYPD choir
Still singing, “Galway Bay”
ニューヨーク市警の聖歌隊は「Galway Bay」を歌っている
And the bells are ringing out
そして鐘が鳴り響いた
For Christmas Day
クリスマスのために

[Verse 6: Kirsty MacColl & Shane MacGowan]
“I could have been someone”
俺には違う人生が待ってたはずなんだ
Well, could anyone
そうね、でも皆んなそう思ってるわよ
You took my dreams from me
あなたが私の夢を奪ったの
When I first found you
あなたと出会った時にね
I kept them with me, babe
その夢ならまだあるぜ
I put them with my own
俺の夢と一緒に大切に閉まってあるんだ
Can’t make it all alone
俺1人じゃ何も成し遂げられないよ
I’ve built my dreams around you
お前のそばで俺の夢を叶えるのさ

[Outro: Shane Macgowan & Kirsty MacColl]
The boys of the NYPD choir
Still singing, “Galway Bay”
ニューヨーク市警の聖歌隊は「Galway Bay」を歌っている
And the bells are ringing out
そして鐘が鳴り響いた
For Christmas Day
クリスマスのために

曲名Fairytale Of New York
(邦題:ニューヨークの夢)
アーティスト名
(ザ・ポーグス)
収録アルバムIf I Should Fall from with God
リリース日 1(シングル)
1988年 (アルバム)

Fairytale Of New York/ 解説

ザ・ポーグスはイギリスのロックバンドです。イギリス生まれのアイルランド人ヴォーカリスト、シェイン・マガウアンを中心に1982年にロンドンで結成されました。

「Fairytale of New York」はポーグスの代表曲でもあり、イギリスではクリスマスソングとして人気があります。マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」、ワム!の「ラスト・クリスマス」と同じくらいの知名度があります。

歌詞はニューヨークへ移住したアイルランドのカップルが競馬で大勝ちしたまではよかったのですが、年月は経ち年老いて夢破れ、現在は罵り合いながらも愛しあってる歌です。雪が綺麗に舞いながらも危険なワードが飛び交いますが、リアルで暖かみがあるクリスマスソングです。

私が2014年の真夏の苗場で見たポーグスは飲んだくれでベロベロのシェインが印象的でした。調べたらフジロックの翌月にフランスで1度ライヴをやって以来ずっと活動してないみたいです。