“I will follow Him, follow Him wherever He may go”
主について行きます 主の行かれる所なら何処へでも
“And near Him, I always will be”
主のもとで これから先もずっと
“For nothing can keep me away,He is my destiny”
何があっても離れません 主こそ私の運命
“I will follow Him, ever since He touched my heart I knew”
主について行きます 心に触れた時から分かっておりました
“There isn’t an ocean too deep, a mountain so high it can keep”
どんなに深く暗い海も どんなに高くそびえ立つ山でさえも
“Keep me away, away from His love”
私を引き離せないのです 主の愛からは

“I love Him and where He goes I’ll follow”
主を愛しています 主にどこまでもついて行きます

“I will follow Him, follow Him wherever He may go”
主について行きます 主の行かれる所なら何処へでも
“There isn’t an ocean too deep, a mountain so high it can keep”
どんなに深く暗い海も どんなに高くそびえ立つ山でさえも
“Keep me away”
私を引き離せないのです

“We will follow Him, wherever He may go”
私たちは主について行きます 主の行かれる所なら何処へでも
“There isn’t an ocean too deep, a mountain so high it can keep”
どんなに深く暗い海も どんなに高くそびえ立つ山でさえも
“Keep us away, away from His love”
私たちを引き離せないのです 主の愛からは

“Oh yes I love Him, I’m gonna follow”
主を愛しているの どこまでもついて行くわ
“He’ll always be my true love, from now until forever”
主こそ私が真に愛するお方 今までもこれからも

“I love Him and where He goes I’ll follow”
主を愛しています 主にどこまでもついて行きます
“He’ll always be my true love, From now until forever”
主こそ私が真に愛するお方 今までもこれからも

“There isn’t an ocean too deep, a mountain so high it can keep”
どんなに深く暗い海も どんなに高くそびえ立つ山でさえも
“Keep us away, away from His love”
私たちを引き離せないのです 主の愛からは

※””部分は「I Will Follow Him(アイ・ウィル・フォロー・ヒム)」 – Sister Act(邦題:天使にラブ・ソングを…)より引用

 

この曲は1961年に「Chariot(邦題:愛のシャリオ)」として作曲されたインストゥルメンタル曲が始まりで、1963年にリトル・ペギー・マーチが歌詞を付けて「I Will Follow Him」としてリリースしました。これが米国でも日本でも大ヒット。どちらかというとペギー・マーチでご存知の方も多いかもしれません。

ただ、1992年の映画「Sister Act(邦題:天使にラブソングを…)」の印象的なシーンに使われたことで、日本で人気が再燃。映画自体の人気も相まって、ゴスペルソングとして認知されるようになりました。

曲自体は男性について行くことを決めた女性の歌なのですが、「天使にラブソングを…」ではゴスペルソングとして歌詞を変えており(himがHimになっていたり、歌詞全体が少し変更されています)、実はオリジナルとは結構違ったりします。

Amazon Music Unlimitedについて

6,500万曲以上が聴き放題!AWAやSpotifyなど他アプリの追随を許さない圧倒的な配信曲数
オフライン再生も無制限!かしこく使えば速度制限もへっちゃら
・他アプリでは聴くことのできない、Amazon Music Unlimited限定の配信曲も!

現在のトレンドからマニアックなものまで、洋楽を聴くならAmazon Music Unlimitedがおすすめ。
色んな音楽アプリが出回っていますが、正直Amazon Music Unlimited一択です。
下のリンクからすぐに登録できますので、一度お試ししてみては?

記事作成にあたり参考にさせていただいたサイト: Songfacts, 英語版Wikipedia