Johnny B. Goode/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Deep down in Louisiana close to New Orleans
ルイジアナ州のニューオリンズ近郊
Way back up in the woods among the evergreens
森林の奥に入っていく
There stood a log cabin made of earth and wood
土と木で作った丸太小屋が建ってる
Where lived a country boy named Johnny B. Goode
そこにジョニー・B.グッドという田舎の少年が住んでた
Who never ever learned to read or write well
読み書きはできなかったけど
But he could play a guitar just like a ringing a bell
ギタープレイは周囲を唸らせた

[Chorus]
Go Johnny go, go
ゴー、ジョニー、ゴーゴー

Johnny B. Goode
ジョニー・B.グッド

[Verse 2]
He used to carry his guitar in a gunny sack
少年はギターをズタ袋に入れて持ち歩いた
Go sit beneath the tree by the railroad track
線路沿いの木の下に座った
Oh, the engineers would see him sitting in the shade
機関士は木陰にいる彼を眺めた
Strumming with the rhythm that the drivers made
少年は列車のリズムに合わせてギターをかき鳴らす
People passing by they would stop and say
通りすがりの人々は口を揃えた
Oh my, but that little country boy could play
田舎の少年は最高のギタープレイ

[Chorus]
Go Johnny go, go
ゴー、ジョニー、ゴーゴー

Johnny B. Goode
ジョニー・B.グッド

[Verse 3]
His mother told him
少年の母は彼に言った
“Someday you will be a man and you will be the leader of a big old band
あなたは大人になったらビッグバンドのリーダーになる
Many people coming from miles around
たくさんの人々が遠方から集まる
To hear you play your when the sun go down
太陽が沈んで、あなたの音楽を聴きにやってくる
Maybe someday your name will be in lights
いつかあなたの名前がネオンで輝く
Saying ‘Johnny B. Goode Tonight'”
今夜はジョニー・B.グッド

[Chorus]
Go Johnny go, go
ゴー、ジョニー、ゴーゴー

Johnny B. Goode
ジョニー・B.グッド

曲名Johnny B. Goode
(ジョニー・B.グッド)
アーティスト名
(チャック・ベリー)
収録アルバム Is on Top
リリース日1958年 (シングル)
7月(アルバム)

Johnny B. Goode/ 解説

「Johnny B. Goode」はアメリカのチャック・ベリーが1958年に発表した楽曲です。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でマイケル・J・フォックスがこの曲を演奏するシーンはかっこ良かったですね。

ジョン・レノンは「ロックンロールに別名を与えるとすればチャック・ベリー」と発言しました。

1986年に『ロックの殿堂』入りした際は「ロックンロールを創造した者を一人に限定することはできないが、最も近い存在はチャック・ベリー」と言われたそうです。野球でいうとベーブ・ルース、サッカーだとペレ。

“すべてのロックンロールはジョニー・B.グッドにたどりつく”