Mistletoe/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
1年で1番美しい季節がやってきた
通りは光で溢れ、喜びを撒き散らしている
雪の中で遊んでいるべきだろうけど
僕はヤドリギの下にいる
ホリデーシーズンを楽しみたいけど
君の顔を見つめるのをやめられないんだ
雪の中で遊んでいるべきだろうけど
僕はヤドリギの下にいる

雪やイルミネーションで輝くクリスマスの季節を「1年で1番美しい」と表現しています。子供たちや若者は雪遊びをして過ごす人が多い中、ジャスティンはガールフレンドと親密な時間を過ごすことを画策しているようです。

[Chorus]
(君と)可愛い人、君と
(君と)可愛い人、君と
(君と)ヤドリギの下で

[Verse 2]
みんな暖炉の前に集まって
栗の実は熱くローストしてる
みんなと一緒にいるべきなのは分かってるけど
僕はヤドリギの下にいる
町中サンタが今夜来るって話で持ちきりだ
空高くをトナカイが飛んでくる
欲しいもののリストでも作ってるべきなんだろうけど
僕はヤドリギの下にいる

家族で過ごすべき時間だと言うことを分かりながらも、サンタやプレゼントにも脇目も振らずただ彼女と離れたくない気持ちを綴っています。

[Chorus]
(君と)可愛い人、君と
(君と)可愛い人、君と
(君と)ヤドリギの下で
(君と)可愛い人、君と
(君と)可愛い人、君と
(君と)ヤドリギの下で

[Bridge]
愛する人、賢者は昔星に従ったんだ
僕が心に従ったようにね
そして奇跡に行き着いた
愛する人、プレゼントなんか買わなくていいんだ
君の唇を僕の唇に感じていれば満足だから
それだけで素敵なクリスマスなんだ

星に従った人々がイエスを見つけたように、心に従ったジャスティンは彼女を見つけたと言う比喩になっています。

[Verse 3]
1年で1番美しい季節がやってきた
通りは光で溢れ、喜びを撒き散らしている
雪の中で遊んでいるべきだろうけど
僕はヤドリギの下にいる
ホリデーシーズンを楽しみたいけど
君の顔を見つめるのをやめられないんだ
雪の中で遊んでいるべきだろうけど
僕はヤドリギの下にいる

[Chorus]
(君と)可愛い人、君と
(君と)可愛い人、君と
(君と)ヤドリギの下で
(君と)可愛い人、君と
(君と)可愛い人、君と
(君と)ヤドリギの下で(ヤドリギの下で)

[Outro]
ヤドリギの下で僕にキスをして
君の愛をわからせて、ベイビー
so-oh-oh, oh, oh, oh
ヤドリギの下で僕にキスをして
君の愛をわからせて、ベイビー
so-oh-oh, oh, oh, oh

曲名Mistletoe
(ミスルトゥ)
アーティスト名
(ジャスティン・ビーバー)
収録アルバム
リリース日10月17日