Rocks/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Dealers keep dealing
売人は売買を続けて
Thieves keep thieving
泥棒は盗み続けて
Whores keep whoring
娼婦は売り続けて
Junkies keep scoring
ジャンキーはキメ続けて
Trade is on the meat rack
同性愛者が集まる場所で取引
Strip joints full of hunchbacks
ストリップ劇場は猫背の野郎だらけ
Bitches keep bitching
ビッチは愚痴ばかり
Clap just keeps itching
性病でかゆみが止まらない

meat rack:肉屋の棚、皿の上にある肉。
hunchbacks:せむしの人。猫背の人。腰巾着。
Clap:拍手。淋病(性病)

[Pre-Chorus]
Ain’t no use in praying
祈っても無駄さ
That’s the way it’s staying, baby
これがこの国のやり方なんだ
Johnny ain’t crazy
ジョニーはクレイジーなんかじゃない
He’s always got a line for the ladies
彼はいつも女のためにキメてるだけさ
Yeah, yeah, yeah
そうだろ

line:コカイン

[Chorus Repeat 2]
Get your rocks off, get your rocks off, honey
ロックスしよう、最高だぜ、ハニー
Shake it now, now, get ‘em off
早くしな、ダウンタウンに繰り出すぞ

get one’s rocks off:快感の絶頂を味わう、喜びに浸る、ひどく興奮する

[Verse 2]
Creeps keep crawling
気味悪い奴は這いずって
Drunks keep falling
酔っ払いはぶっ倒れて
Teasers keep teasing
悪女は男を弄んで
Holy Joes are preaching
聖職者は説教して
Cops just keep busting
警察は駆けずり回って
Hustlers keep hustling
ハスラーはハッスルして
Death just keeps knocking
死の世界のドアをノックし続けて
Souls are up for auction
魂はオークションにかけられる

Hustlers:活動家、やり手、詐欺師、ペテン師

[Pre-Chorus]
Ain’t no use in praying
祈っても無駄さ
That’s the way it’s staying, baby
これがこの国のやり方なんだ
Johnny ain’t crazy
ジョニーはクレイジーなんかじゃない
He’s always got a line for the ladies
彼はいつも女のためにキメてるだけさ
Yeah, yeah, yeah
そうだろ

[Chorus Repeat 2]
Get your rocks off, get your rocks off, honey
ロックスしよう、最高だぜ、ハニー
Shake it now, now, get ‘em off
早くしな、ダウンタウンに繰り出すぞ

[Shout]
Get down
行くぜ

[Pre-Chorus]
Ain’t no use in praying
祈っても無駄さ
That’s the way it’s staying, baby
これがこの国のやり方なんだ
Johnny ain’t crazy
ジョニーはクレイジーなんかじゃない
He’s always got a line for the ladies, oh yeah
彼はいつも女のためにキメてるだけさ

[Chorus Repeat 4]
Get your rocks off, get your rocks off, honey
ロックスしよう、最高だぜ、ハニー
Shake it now, now, get ‘em off
早くしな、ダウンタウンに繰り出すぞ

[Outro Repeat 6]
Get your rocks off, get your rocks off, honey
ロックスしよう、最高だぜ、ハニー

曲名Rocks
(ロックス)
アーティスト名
(プライマル・スクリーム)
収録アルバムGive Out But Don’t Give Up
リリース日1994年 (シングル)
1994年 (アルバム)

Rocks/ 解説

「Rocks」はグラスゴー(スコットランド)のロックバンド、プライマル・スクリームが1994年に発表した楽曲です。

プライマル・スクリームは常に音楽性を変化させながら活動を続けてきたバンドです。「Rocks」を収録したアルバム『Give Out But Don’t Give Up』はアメリカン、ファンク、70年代のストーンズを彷彿させるバンドサウンドで個人的には思い入れのあるアルバムです。

『スクリーマデカ』世代のファンには賛否あったようですが、『ギブアウト~』からプライマル・スクリームに入った人には大好評だったと思います。

「Rocks」が日本のロックバンドに与えた影響は大きく、一時期「Rocks」のような楽曲が多かった印象がありますね。ミスチルの「ラヴ コネクション」は「Rocks」のオマージュな感じでかっこいいです。

ストーンズのパクリと言われてもストーンズよりかっこ良かったし、最高のロックンロールナンバーです。