Sunday Morning/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Sunday morning brings the dawning
日曜の朝に夜明けを迎える
It’s just a restless feeling by my side
なんだか落ち着かない気持ち
Early dawning, Sunday morning
夜明け、日曜の朝
It’s just the wasted years close behind
無駄な時間を過ごしただけ

[Chorus]
Watch out, the world’s behind you
見てよ、君の背後に世界が待ってる
There’s always someone around you who will call
いつも誰かが君を呼んでるけど
It’s nothing at all
それは何でもないよ

[Verse 2]
Sunday morning and I’m falling
日曜の朝に僕は落ちている
I’ve got a feeling I don’t want to know
知りたくない感覚に襲われる
Early dawning, Sunday morning
夜明け、日曜の朝
It’s all the streets you crossed not long ago
少し前に君が横切ったすべての通り

[Chorus Repeat 2]
Watch out, the world’s behind you
見てよ、君の背後に世界が待ってる
There’s always someone around you who will call
いつも誰かが君を呼んでるけど
It’s nothing at all
それは何でもないよ

[Outro Fadeout]
Sunday morning
日曜の朝に

曲名Sunday Morning
(邦題:日曜の朝)
アーティスト名
(ヴェルヴェット・アンダーグラウンド)
収録アルバム
リリース日 12月(シングル)
(アルバム)

Sunday Morning/ 解説

「Sunday Morning」はニューヨークのロックバンド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドが1966年に発表した楽曲です。

アンディ・ウォーホルがデザイン、プロデュースしたバナナのジャケットでお馴染みのアルバム『』に収録されてます。

歌詞はアンディの提案でパラノイアをテーマにしてるようです。木琴のような音はチェレスタという鍵盤楽器です。

ブライアン・イーノ「ルー・リードによるとこのアルバムは5年間で3万枚しか売れなかったそうだけど、あんなに重要なレコードはないよ。なにしろ買った3万人が全員バンドを始めたんだから」