The Rose/ 歌詞和訳と意味

[Chorus 1]
Some say love, it is a river
ある人は言う、愛は川のようだと
That drowns the tender reed
川の中で生きる水草を溺れさせてしまう
Some say love, it is a razor
またある人は言う、愛はカミソリのようだと
That leaves your soul to bleed
魂に血を流させる
Some say love, it is a hunger
またある人は言う、愛は飢えのようだと
An endless aching need
終わりのない苦しみが続く
I say love, it is a flower
私は言う、愛は花のようだと
And you its only seed
あなたはたったひとつの種

[Chorus 2]
It’s the heart afraid of breaking
傷つくことを恐れて
That never learns to dance
いつまでも踊ることができない
It’s the dream afraid of waking
夢から覚めるのを恐れて
That never takes the chance
いつまでもチャンスがつかめない
It’s the one who won’t be taken
奪われまいと
Who cannot seem to give
誰にも与えることができない人
And the soul afraid of dyin’
死を恐れる魂
That never learns to live
決して生きる意味を学ぶことはない

[Chorus 3]
When the night has been too
孤独な夜がずっと続くと
And the road has been too long
道が途方もなく長くなってしまう
And you think that love is only
For the lucky and the strong
愛は幸運と強さを持った者だけに与えられると思うなら
Just remember
思い出して欲しい
In the winter far beneath the bitter snows
冬の厳しい積雪の遥か深くで
Lies the seed that with the sun’s love
いつの日か太陽の愛を浴びる種が眠ってる
In the spring becomes
春にバラを咲かせるために

曲名
(ローズ)
アーティスト名
(ベッド・ミドラー)
収録アルバムThe Rose : Soundtrack
リリース日1980年 (シングル)
(アルバム)

The Rose/ 解説

」は映画『ローズ』()の主題歌です。ベッド・ミドラー自身が主演を務めてます。ジャニス・ジョプリンをモデルにした主人公を演じてアカデミー賞にノミネートされました。

当初、映画の音楽担当者はプロデューサーにこの曲を却下されたようです。しかし担当者はベッド・ミドラーをも巻き込んで説得し最終的に了承を得たようです。確かにジャニスのイメージには合わない気もしますが、映画にはマストでした。

カバーがたくさん存在するのでメロディを知ってる人は多いと思います。私は布袋寅泰のラジオでこの曲を知りました。曲の力は偉大ですね。歌詞も素晴らしいです。いつまでも色褪せることがない魂の一曲です。