This Town Ain’t Big Enough For Both Of Us/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Zoo is she and you
動物園は彼女と君の二人だけの時間
The mammals are your favourite type
もちろん君の好みのタイプは哺乳類
And you want her tonight
今夜、君は彼女を求めてる
Heartbeat, increasing heartbeat
鼓動、高鳴る心臓の鼓動
You hear the thunder of stampeding rhinos, elephants and tacky tigers
サイ、ゾウ、みすぼらしいトラの雷鳴が響き渡る

[Refrain]
This town ain’t big enough for the both of
僕たちにこの街は狭すぎ
And it ain’t me who’s gonna leave
そして去るのは僕じゃない

[Verse 2]
Flying, domestic flying
飛んでる、国内旅行
And when the stewardess is near do not show any fear
スチュワーデスが近づいても恐れを見せてはいけない
Heartbeat, increasing heartbeat
鼓動、高鳴る心臓の鼓動
You are a khaki-coloured bombardier
君はカーキ色の爆撃機
It’s Hiroshima that you’re nearing
間もなく広島さ

[Refrain]
This town ain’t big enough for both of
僕たちにこの街は狭すぎ
And it ain’t me who’s gonna leave
そして去るのは僕じゃない

[Verse 3]
Daily, except for Sunday
毎日、日曜を除いて
You dawdle in to the cafe where you meet her each day
君はカフェで彼女と時間をつぶす
Heartbeat, increasing heartbeat
鼓動、高鳴る心臓の鼓動
As 20 cannibals have hold of you
20人の食人族に囲まれる
They need their protein just like you do
彼らは君のようなたんぱく質を欲してる

[Refrain]
This town ain’t big enough for the both of
僕たちにこの街は狭すぎ
And it ain’t me who’s gonna leave
そして去るのは僕じゃない

[Verse 4]
Shower, another shower
シャワー、またシャワーを浴びる
You got to look your best for her and be clean everywhere
君は彼女に最高の自分を見せようと全身を清潔にする
Heartbeat, increasing heartbeat
鼓動、高鳴る心臓の鼓動
The rain is pouring on the foreign town
異国の街に雨が降り注いでも
The bullets cannot cut you down
弾丸は君を仕留められない

[Refrain]
This town ain’t big enough for the both of
僕たちにこの街は狭すぎ
And it ain’t me who’s gonna leave
そして去るのは僕じゃない

[Verse 5]
Census, the latest census
調査、最新の国勢調査
There’ll be more girls who live in town though not enough to go ‘round
この街に住む女の子は多いけどまだまだ十分じゃない
Heartbeat, increasing heartbeat
鼓動、高鳴る心臓の鼓動
You know that this town isn’t big enough
この街は狭すぎる
Not big enough for both of
僕たちには狭すぎ
This town isn’t big enough
この街は狭すぎる
Not big enough for both of
僕たちには狭すぎ
I ain’t gonna leave
僕は出て行かないよ

曲名This Town Ain’t Big Enough For Both Of
(ディス・タウン)
アーティスト名
(スパークス)
収録アルバム
リリース日 4月(シングル)
1974年 (アルバム)

This Town Ain’t Big Enough For Both Of Us/ 解説

スパークスはロンとラッセルのメイル兄弟によって1970年に結成されたアメリカのバンドです。「ディス・タウン」はスパークスの代表曲です。

歌詞もサウンドも奇想天外で全くアメリカっぽくないのが特徴です。私は高校時代にB級ポップと呼んで愛聴してました。調べたらシングルは全英チャート2位、アルバムも全英4位とヒットしてたのが意外でした。当時のスパークスはイギリスに拠点があったようです。

ずっとスパークスはマニアックなバンド、XTCはメジャーなバンドの認識でいたのですが、XTCの名作『Black Sea』でさえ全英チャート16位。時代の空気感はその当時生きてないと分かりませんね。

今聴いても面白い楽曲です。ハードロック、パンクは年月が経過するとレジェンダリーな感じになっていきますが、特異なバンドは古くなりません。ずっとかっこいいです。

2021年にはドキュメンタリー映画『スパークス・ブラザーズ』が公開されました。現代はSNSの時代。スパークスファンの多さにまたもや驚きです。