What a Wonderful Worldはベトナム戦争で父や息子・恋人を亡くした人々に希望を与えるため作られた曲です。この曲は日々を生きる中で感じることができる、小さな幸せを歌っています。

アメリカ合衆国の歴史上、最大級の汚点とも言われたベトナム戦争。亡くなったアメリカ軍の兵士は5万8000人とも言われ、たくさんの家族が戦争に行った父親や子供を亡くすことになりました。最終的にはアメリカ軍が撤退を余儀なくされたため、アメリカ国民は「何のために戦って死んだのか」と心に深い傷を負ってしまいました。

そんな国の様子をみた音楽プロデューサーのボブ・シールが、「なんとか皆に元気を出してほしい」と作ったのがこのWhat a Wonderful Worldです。ボーカルを担当したルイ・アームストロングもこの想いに共感し、ギャラは最低額でオファーを受けたとか。

この曲はリリース当初は大きくヒットしなかったものの、後に映画『グッドモーニング、ベトナム』の南ベトナムの田舎が戦争で壊されていく様を描いたシーンでBGMに使われ、リバイバルヒットを飛ばしました。

今回はそんなLouis Armstrong(ルイ・アームストロング)、「What a Wonderful World(邦題:この素晴らしき世界)」の和訳を紹介します。

「What a Wonderful World」歌詞の意味と和訳

深緑の木々と赤い薔薇が見える
私と君のために咲いているのさ
そして私は想いを馳せるんだ
なんと素晴らしい世界なんだと

透き通った青空と空を流れる白い雲
神の加護を受けた昼 暗く神々しい夜
そして私は想いを馳せるんだ
なんと素晴らしい世界なんだと

空に映る虹の色はとても綺麗で
道行く人々の顔もほころぶ
友が手を握りこう言うんだ
「ごきげんよう」と
誰もが心からこう言うんだ
「愛しているよ」と

赤ん坊の泣き声が聞こえる
君たちが育つのを見守るよ
私が知らないこともきっと
彼らはたくさん学ぶのだろう
そして私は想いを馳せるんだ
なんと素晴らしい世界なんだと
そう 私は想いを馳せるんだ
なんと素晴らしい世界なんだと

「What a Wonderful World(邦題:この素晴らしき世界)」 – Louis Armstrong(ルイ・アームストロング)の歌詞を和訳