When You Upon A Star/ 歌詞和訳と意味

[Jiminy Cricket]
When you upon a star
星に願いを
Makes no difference who you are
君が誰であるかは関係ない
Anything your heart desires
心から望めば
Will come to you
君のもとにやってくるだろう
If your heart is in your dream
君の心が夢の中にあるなら
No request is too
願い過ぎなんてことはない
When you upon a star
星に願いを
As dreamers do
ドリーマーのように

[C​horus​]
Fate is kind
運命は優しい
She brings to those who love
愛するものたちに
fulfilment of their secret longing
密かな願いを優しく叶えてくれる

[Jiminy Cricket]
Like a bolt
青天の霹靂のように
Fate steps in and sees you through
運命に導かれていく
When you upon a star
星に願いを
Your dreams come
君の夢はきっと叶う

曲名When You Upon A Star
(邦題:星に願いを)
アーティスト名
(クリフ・エドワーズ)
収録アルバムPinocchio : Soundtrack
リリース日1940年 (シングル)
2022年 (アルバム)

When You Upon A Star/ 解説

「星に願いを」はネッド・ワシントン作詞、リー・ハーライン作曲の1940年に発表された楽曲です。昭和15年です。

1940年のディズニー映画『ピノキオ』の主題歌で、ジミニー・クリケット(コオロギ)を担当するクリフ・エドワーズが歌います。

歌詞、メロディ、アレンジ、歌、どれも素晴らしいです。圧倒的世界観です。世界一知られてる曲かもしれませんね。