/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Back in black, I hit the sack
暗闇に戻って俺は就寝する
I’ve been too long, I’m glad to be back
久々に戻って来れて嬉しいよ
Yes, I’m let loose from the noose
That’s kept me hanging about
ずっと俺に付きまとってた柵から解放されたしな
I’m just looking at the sky ‘cause it’s getting me high
空を見上げれば最高
Forget the hearse, ‘cause I’ll never die
霊柩車は必要ない、俺様は死なないぜ
I got nine lives, cat’s eyes
俺は九死に一生を得た
Abusing every one of them and running wild
すべてを稼働して暴れ回ってやる

hit the sack:ベッドに入る、寝る
a cat has nine lives:猫には九つの命がある。愚者も神の加護を受けるという意味のことわざ。

[Chorus]
‘Cause I’m back, yes I’m back
俺は戻って来た

I’m
俺様が暗闇に戻って来たぜ

[Verse 2]
Back in the back of a Cadillac
キャデラックのバックシートに戻って来た
Number one with a bullet,
弾丸のようにぶっ飛ばす
I’m a power pack
エネルギーはビンビンだぜ
Yes, I’m in a bang with a gang
ギャングと一緒に爆発する
They’ve got to catch me if they want me to hang
俺を殺したいならまずは捕まえてみな
‘Cause I’m back on the track
俺は自分の道に戻って来た
And I’m beatin’ the flack
お前らに教えてやる
Nobody’s gonna get me on another rap
誰も俺の邪魔はさせない
So, look at me now,
よく見ろ
I’m just making my play
俺はこうして己の道を極めてる
Don’t try to push your luck,
調子に乗るな
Just get out of
邪魔だ、どけ

push one’s luck:調子にのる
Number one with a bullet:1987年公開の映画のタイトル

[Chorus]
‘Cause I’m back, yes I’m back
俺は戻って来た

I’m
俺様が暗闇に戻って来たぜ

[Bridge]
Take my love
愛を送るぜ

[Chorus]
Well, I’m back
俺は戻って来た

I’m
俺様が暗闇に戻って来たぜ

[Outro]
I’ve hit the sack
少し眠るぜ

曲名
(バック・イン・ブラック)
アーティスト名
(エーシー・ディーシー)
収録アルバム
リリース日 12月(シングル)
(アルバム)

/ 解説

」はオーストラリアのハードロックバンド、AC/DCが1980年に発表した楽曲です。

」を収録したアルバム『』は世界で史上3番目に売れたアルバムです。1位はマイケル・ジャクソン『スリラー』、2位はイーグルス『イーグルス・グレイテスト・ヒッツ 1971-1975』です。

AC/DCは70’sのパンクロックブーム期でも古いロックバンド扱いされませんでした。むしろ無骨なロックンロールがパンクと相性が良かったようです。

歌詞は急死したボン・スコット(ヴォーカル)の悲しみを乗り越える内容です。

今『』を聞いても古臭さがなく、退屈な感じもしないのはブルージーでエモーショナルだからだと思います。