/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Born down in a dead man’s town
死人の街で産み落とされ
The first kick I took was when I hit the ground
地面に叩きつけられたのが始まりだった
You end up like a dog that’s been beat too much
ひどく打ちのめされた犬のような末路さ
‘Til you spend half your life just coverin’ up
残りの人生は隠蔽に費やすよ

[Chorus]
Born in the U.S.A
アメリカで生まれた
I was born in the U.S.A
俺はアメリカで生まれた
I was born in the U.S.A
俺はアメリカで生まれた
Born in the U.S.A
アメリカで生まれたんだ

[Verse 2]
Got in a little hometown jam
地元の街じゃ喧騒にまみれると
they put a rifle in my hand
両手にライフルを持たされて
Sent me off to a foreign land
そのまま外国送りさ
To go and kill the yellow man
黄色人種を殺しに行けってね

[Chorus]
Born in the U.S.A
アメリカで生まれた
I was born in the U.S.A
俺はアメリカで生まれた
I was born in the U.S.A
俺はアメリカで生まれた
I was born in the U.S.A
俺はアメリカで生まれたんだ

[Verse 3]
Come back home to the refinery
戦争から帰国して地元の製油場に行ったら
Hiring man says, “Son if it was up to me”
雇い主に「私に決定権があればね」だとよ
Went down to see my V.A. man
退役軍人局に行っても
He said, “Son, don’t you understand”
「理解してくれよ」だってさ

V.A. man:Veterans Affairsの略。退役軍人管理局。

[Verse 4]
I had a brother at Khe Sanh
ケサンには俺の兄貴がいて
Fighting off the Viet Cong
ベトコンと戦ってる
They’re still there, he’s all gone
まだ戦争の最中だけど、兄貴はもういないよ
He had a woman he loved in Saigon
サイゴンには彼が愛した女性がいて
I got a picture of him in her arms now
彼女の腕に抱かれてる兄貴の写真があるよ

[Verse 5]
Down in the shadow of the penitentiary
刑務所の影に建つ
Out by the gas fires of the refinery
製油場の燃えたぎる炎のそばで
I’m ten years burning down the road
焼き尽くされるような10年間を過ごしてきた
Nowhere to run ain’t got nowhere to go
何処にも俺の居場所はないよ

[Chorus]
Born in the U.S.A
アメリカで生まれた
I was now
俺はアメリカで生まれた
Born in the U.S.A
アメリカで生まれたんだ
I’m a long gone Daddy in the U.S.A. now
アメリカでは忘れ去られた男さ
Born in the U.S.A
アメリカで生まれた
Born in the U.S.A
アメリカで生まれた
Born in the U.S.A
アメリカで生まれたんだ
I’m a cool rockin’ Daddy in the U.S.A. now
俺はアメリカで生まれたクールなロック野郎さ

曲名Born in the U.S.A.
(ボーン・イン・ザ・U.S.A.)
アーティスト名
(ブルース・スプリングスティーン)
収録アルバムBorn in the U.S.A.
リリース日1984年 (シングル)
1984年 (アルバム)

/ 解説

」はアメリカのブルース・スプリングスティーンが1984年に発表した楽曲です。同名のアルバム『』は全米全英1位、これまでに全世界で3000万枚以上のセールスを記録しています。

強烈なタイトルゆえに、純粋な愛国主義のテーマと誤解されがちですが、実際はベトナム戦争を体験した仲間たちに捧げた曲です。ベトナム戦争から帰還した兵士の扱いに抗議する意味が込められています。当初のタイトルは「Vietnam」でした。

歌詞を見れば、ボス(ブルースの愛称)の人間性がよく分かる曲なのですが、“アメリカ人であることが誇り” と思われがちなタイトルによって様々な誤解を生んだようです。ロナルド・レーガン大統領は選挙運動にこの曲を利用し、一般人に多大な誤解を与えました。

ボスのパワフルな “ボォーン” は絶大なインパクトがありますね。