Boulevard of Broken Dreams/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
I walk a road
寂れた道を行く
The only one that I have ever known
それだけが俺の唯一知る道
Don’t know where it goes
何処に続くのかわからない
But it’s home to me, and I walk alone
でもひとり歩くのは俺だけ

I walk this empty street
人気のない通りを進む
On the Boulevard of Broken Dreams
ここは破れた夢の大通り
Where the city sleeps
眠りについた街のなか
And I’m the only one, and I walk alone
歩いているのは俺だけ

I walk alone, I walk alone
歩いているのは俺だけ
I walk alone, I walk a…
歩いているのは…

[Chorus]
My shadow’s the only one that walks beside me
ついてくるのは俺自身の影だけ
My shallow heart’s the only thing that’s beating
脈打つのは俺の弱い心臓だけ
Sometimes I wish someone out there will find me
時折祈るのさ 誰か俺を見つけてくれよと
‘Til then I walk alone
その時までひとり歩こう

[Verse 2]
I’m walking down the line
俺が歩いている線は
That divides me somewhere in my mind
心のどこかで俺自身をバラバラにしてる
On the borderline of the edge
端っこの境界線
And where I walk alone
そこをひとり歩いてる

Read between the lines
隠された意味を知るんだ
What’s fucked up, and ’s all right
「どうした」と「大丈夫さ」のな
Check my vital signs
バイタルサインを見て
To know I’m still alive, and I walk alone
自分がまだ生きてると知り 孤独に歩く

I walk alone, I walk alone
歩いているのは俺だけ
I walk alone, I walk a…
歩いているのは…

[Chorus]
My shadow’s the only one that walks beside me
ついてくるのは俺自身の影だけ
My shallow heart’s the only thing that’s beating
脈打つのは俺の弱い心臓だけ
Sometimes I wish someone out there will find me
時折祈るのさ 誰か俺を見つけてくれよと
‘Til then I walk alone
その時までひとり歩こう

[Bridge]
I walk this empty street
人気のない通りを進む
On the Boulevard of Broken Dreams
ここは破れた夢の大通り
Where the city sleeps
眠りについた街のなか
And I’m the only one, and I walk alone
歩いているのは俺だけ

[Chorus]
My shadow’s the only one that walks beside me
ついてくるのは俺自身の影だけ
My shallow heart’s the only thing that’s beating
脈打つのは俺の弱い心臓だけ
Sometimes I wish someone out there will find me
時折祈るのさ 誰か俺を見つけてくれよと
‘Til then I walk alone
その時までひとり歩こう

曲名Boulevard of Broken Dreams
(ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス)
アーティスト名
(グリーン・デイ)
収録アルバム
リリース日 1(シングル)
(アルバム)

Boulevard of Broken Dreams/ 解説

「boulevard of broken dreams」はロサンゼルスにあるサンセット大通りのニックネームです。

Boulevard of Broken Dreamsは7thアルバム「」の製作前の休息期間に作曲されました。ソングライターであり、ボーカルでもあるビリーは製作前に頭をすっきりさせるために、数週間ニューヨークに旅行したそうです。マンハッタンのイーストビレッジに部屋を借りた彼は、バーでジャムセッションに参加したり市内を散歩するのに多くの時間を割きました。ビリーはそうしたニューヨークで過ごした時間や、感じた孤独をこの曲で表現しました。こうして「Boulevard of Broken Dreams」は出来たのです。

この曲は、上に書いた7thアルバム「」に登場するJesus of Suburbia(ジーザス・オブ・サバービア)の目線から語られる曲です。この曲の前に「Holiday」という曲があるのですが、「Boulevard of Broken Dreams」はそれと対照的な曲になっています。PVも実はひとつなぎになっており、「Holiday」のPVの終わりには「Boulevard of Broken Dreams」が流れるという構成になっています。