Breathe/(2008)

Breathe(ブリーズ)は、アメリカのシンガー・ソングライターである(テイラー・スウィフト)が2008年にリリースした曲。アルバム『Fearless』に収録。今回はこの曲の歌詞を和訳していきます。

Breathe/ 歌詞和訳と意味

去っていく時、あなたの顔が頭の中に浮かぶの
誰もそんな終わり方をするとは思っていなかったから
みんな人間だから、時には心変わりすることもあるわ
でもあなたが去っていくのを見るのは苦しいの

悲しい映画のエンドロールのように音楽が流れ始める
あなたにとっては見たくない結末よね
それは悲劇で、あなたを落ち込ませるだけだから
あなたがいないとどうなるか分からないわ

決して簡単なことではないし、楽なことでもないの
綺麗な別れではないし、誰も私を助けてくれないわ
自分の手の甲のように知っているのはあなただけよ

あなたがいないと息もできないけど、しないといけないの
あなたがいなくても息をしなければいけないの

こんなことは望んでいないし、 傷ついたあなたを見たくもない
ささいな問題が起こるたびに、そらせようとしたけど
みんな人間だから、時にはうまくいかないこともあるのね
何を言ったって別れを防ぐことはできないのよ

決して簡単なことではないし、楽なことでもないの
綺麗な別れではないし、誰も私を助けてくれないわ
自分の手の甲のように知っているのはあなただけよ

あなたがいないと息もできないけど、しないといけないの
あなたがいなくても息をしなければいけないの

午前2時、友を失った感じがするの
私にとって簡単なことじゃないってわかってほしいわ
午前2時、友を失った感じがするの
私にとって簡単なことじゃないってわかってほしいわ

決して簡単なことではないし、楽なことでもないの
綺麗な別れではないし、誰も私を助けてくれないわ

あなたがいないと息もできないけど、しないといけないの
あなたがいなくても息をしなければいけないの
あなたがいなくても息をしなければいけないの

ごめんなさい
ごめんなさい
ごめんなさい
ごめんなさい

「Breathe(ブリーズ)」 – (テイラー・スウィフト)の歌詞を和訳

Breathe/ 解説

この曲は、テイラーがアメリカのシンガー・ソングライターのColbie Caillat(コルビー・キャレイ)をフィーチャリングして作ったものです。失恋や、親しい友情の終わりについて歌われています。

この曲は誰かと別れなければならないことをテーマにしていますが、それを誰のせいにもしていません。別れることになってしまった理由が何なのか、誰のせいでそうなってしまったのかが直接的に歌われていないため、より多くの人が共感することのできる歌になっています。テイラーとコルビーは、それがこの曲の美しい部分だと語っています。

サビのは、二通りに解釈できます。一つ目は、テイラーの友人は今日の彼女を形成するのに欠かせない存在であり、彼女が打ちのめされていたときにそばにいた唯一の存在だったため、彼女にとって生きる源のようなものだということを歌っている…という解釈。二つ目は、彼女が別れて泣いた後に、乱れた呼吸を整えようとしていることを歌っている…という解釈です。