2020年からスタートしたゴリラズの新プロジェクト、「Song Machine」。1月末には「Momentary Bliss」をリリースした彼らが、今度はフランス語を歌詞に取り入れた「Désolé」を発表しました。

ゲストにはグラミー賞にノミネートされたマリ人ミュージシャン、ファトゥマタ・ジャワラを迎え、非常にクオリティの高い仕上がりになっています。

MVでは、メンバーのマードックをひとりレコーディングスタジオに取り残し、バンドメンバーはイタリアのコモ湖へと旅行に旅立ちます。2-Dはファトゥマタと共に湖のクルージングに出かけ、ラッセルやヌードルは船のドックで演奏するというストーリーになっています。

ちなみにタイトルはフランス語で「Sorry」を意味する言葉。マードックを置いて楽しんでいる2-Dの謝罪の気持ちを歌っているのでしょうか(MVを見る限りそうは見えませんが…笑)。ただMVを無視すると、恋人を置いて遠くに行ってしまい、その先で浮気をする人の気持ちを歌った歌にも思えます。

今回はそんなGorillaz(ゴリラズ)、「Désolé(デソーレ)」の和訳を紹介します。

「Désolé」歌詞の意味と和訳

ごめんよ
すまないが密輸に出たんだ
ごめんよ
もう陸からは遠いんだ
ごめんよ
どうしたらいいんだい
ごめんよ
君にすがろう

ごめんよ
でも死にたくないんだ
ごめんよ
ダメな奴だったって受け入れるよ
ごめんよ
本当にごめん
ごめんよ
ダメな奴だったって受け入れるよ
ごめんよ

ごめんよ
本当にごめん
ごめんよ
これ以上何て声をかけたらいいか
ごめんよ
でも誰もが自分の恋人がいるんだ
本当にごめん
君にすがろう

ごめんよ
でも死にたくないんだ
ごめんよ
ダメな奴だったって受け入れるよ
ごめんよ
本当にごめん
ごめんよ
ダメな奴だったって受け入れるよ
ごめんよ

ごめんよ
すまないが密輸に出たんだ
ごめんよ
長蛇の列だったんだ
ごめんよ
すごく寂しかったんだ
ごめんよ
君にすがろう

ごめんよ
本当にごめん
ごめんよ
過ぎた日は戻らない
ごめんよ
本当にごめん
ごめんよ
Ah yeah yeah

ごめんよ
本当にごめん

「Désolé(デソーレ)」 – Gorillaz(ゴリラズ)の歌詞を和訳