Ghost/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
血気盛りの若者たちは明日が絶対に来るものだと思ってる
自分が虚な夜は君の感触が恋しくなるんだ
分かってる、君は僕がついて行けない橋を渡って行ったんだって

未熟な若者は明日の不確定さや命の儚さに気づいていないと歌っています。 この歌は愛する人との「別れ」についてのものだとジャスティンはインタビューで語っています。

[Pre-Chorus]
君が遺した愛が僕の手にした全てだから
君には分かっていて欲しいんだ

[Chorus]
君のそばにいられないのなら
君の亡霊でもいいから
命よりも君が恋しいんだ(命よりも)
君の隣にいられないのなら
君との記憶に夢中になるんだ
命よりも君が恋しいんだ
命よりも君が恋しいんだ

一緒にいられなくなった今、昔の記憶と思い出にすがって生きる様子が描かれています。ドラッグのように中毒性のある過去の記憶を漁っているようです。

[Verse 2]
血気盛りの若者たちは明日が絶対に来るものだと思ってる (Woo)
もっと時間が欲しいけれど、時間はもらったり借りたりできない
君を追って行けるなら全てを手放すよ

[Pre-Chorus]
君が遺した愛が僕の手にした全てだから
君には分かっていて欲しいんだ

[Chorus]
君のそばにいられないのなら
君の亡霊でもいいから
命よりも君が恋しいんだ(Yeah)
君の隣にいられないのなら
君との記憶に夢中になるんだ(Ohh)
命よりも君が恋しいんだ
命よりも君が恋しいんだ

[Bridge]
Woah
Na, na-na
命よりも

[Outro]
君のそばにいられないのなら
君の亡霊でもいいから
命よりも君が恋しいんだ
君の隣にいられないのなら
君との記憶に夢中になるんだ
命よりも君が恋しいんだ
命よりも君が恋しいんだ

曲名Ghost
(ゴースト)
アーティスト名
(ジャスティン・ビーバー)
収録アルバム
リリース日