God is a woman/ 歌詞和訳と意味

[Chorus]
私に振り回されるのも
触れられるのも好きでしょ
なんだかんだ言っても最後は
神は女性だって信じることになるわ
真夜中が過ぎると感じるの
抗えない気持ちをね
終わってもまだ余韻にひたるの
今にあなたも信じることになるわ、神は女性なんだってね

マドンナの1989年の楽曲“Like a Prayer”の歌詞の一部をオマージュしていると思われます。マドンナはこの楽曲のMVでもフィーチャーされています。

[Verse 1]
少しも時間を無駄にしたくないの
短絡的な人じゃないでしょう
あなたの好きなようにすればいいわ
私は自分の求めているものを自覚しているわ、わかるでしょう
他には誰も共感してくれないの
恐れを知らない感じが好きよ
私を寝かせて、一緒に祈りましょう
求めているものは全部伝えてるわ

恋愛に頭から飛び込んでいくような大胆さは、アリアナ自身の私生活にも度々現れています。宗教的な雰囲気が楽曲全体に漂う中で、子供の祈り文句“Now I Lay Me Down To Sleep”に触れながら歌っています。

[Pre-Chorus]
あなたが止めったって、私はなりたければ何にでもなれるの
私を止めに来ても、輝き続けるわ
一緒にいると世界を感じるでしょう
全ては私の中にあるの

女性に向けられるステレオタイプを跳ね返す歌詞は、MVの描写にも反映されています。世界の創造主としての神に言及しています。

[Chorus]
私に振り回されるのも
触れられるのも好きでしょ
なんだかんだ言っても最後は
神は女性だって信じることになるわ
真夜中が過ぎると感じるの
抗えない気持ちをね
終わってもまだ余韻にひたるの
今にあなたも信じることになるわ、神は女性なんだってね

[Verse 2]
(Yeah)
知って欲しいことは全部伝えるわ
だからベイビー、私の手を取って、そうすればあなたの魂も救われるわ
ゆっくり時間をかけていいの
私は自分の求めているものを自覚しているわ、わかるでしょう
でもあなたはみんなとは違うの
罪を告白すれば御加護を受けられるわ
その結果どうなるか見てみましょう
求めているものは全部伝えてるわ

カトリックの教えである罪の告白について歌っています。MVから、“what comes next” と言うのは子供ができることへの言及と考えられます。

[Pre-Chorus]
あなたが止めったって、私はなりたければ何にでもなれるの
私を止めに来ても、輝き続けるわ
一緒にいると世界を感じるでしょう
全ては私の中にあるの

[Chorus]
私に振り回されるのも
触れられるのも好きでしょ
なんだかんだ言っても最後は
神は女性だって信じることになるわ
真夜中が過ぎると感じるの
抗えない気持ちをね
終わってもまだ余韻にひたるの
今にあなたも信じることになるわ、神は女性なんだってね

[Outro]
Yeah, yeah
(神は女性なの)
Yeah, yeah
(神は女性なのよ, yeah)
私の愛しい人
(愛しい人)
なんだかんだ言っても最後はあなたも
神は女性だって信じることになるわ
神を信じるでしょう
(神は女性だって)
Oh, yeah
(神は女性なのよ, yeah)
(愛しい人)
終わってもまだ余韻にひたるの
今にあなたも信じることになるわ、神は女性なんだってね

自分の声を重ねることで、コーラスのような響きを生み出しています。アリアナは曲を通して女性の力を訴えかけ、全ての女性に向け語りかけています。
曲名God is a woman
(ゴッド・イズ・ア・ウーマン)
アーティスト名
(アリアナ・グランデ)
収録アルバム
リリース日7月13日