Hyper-Ballad/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
live on a mountain
Right at the top
私たちは山のてっぺんに住んでる
There’s a beautiful view
From the top of the mountain
山頂からは美しい景色が広がってるわ
Every morning I walk towards the edge
毎朝、私は崖まで歩いては
And throw little things off
色んなものを投げ捨てる
Like car parts, bottles and cutlery
車の部品、ボトル、カトラリーなどね
Or whatever I find lying around
もしくはその辺に転がってるものよ

[Pre-Chorus 1]
It’s become a habit
A way to start the day
すでに1日をスタートするための習慣になってるわ

[Chorus Repeat 2]
I go through all this
いつもやってるのよ
Before you wake up
あなたが起きる前にね
I can feel happier
そうすることで私はより幸せを感じる
To be safe up here with you
此処であなたと暮らしてれば安心よ

[Verse 2]
It’s early morning
No one is awake
誰も起きてないような早朝から
I’m back at my cliff
崖の上に戻って
Still throwing things off
いつものようにものを投げ捨てる
I listen to the sounds they make
On their way down
ものが落ちてぶつかる音を聞いてるの
I follow with my eyes till they crash
粉々になるまでずっと目で追ってるわ
I what my body would sound like
Slamming against those rocks
私の体が岩に衝突したらどんな音がするかを想像しながらね

[Pre-Chorus 2]
And when it lands
Will my eyes be closed or open?
その瞬間、私の目は閉じてるのかしらね、もしくは開いてる?

[Chorus Repeat 3]
I go through all this
いつもやってるのよ
Before you wake up
あなたが起きる前にね
I can feel happier
そうすることで私はより幸せを感じる
To be safe up here with you
此処であなたと暮らしてれば安心よ

[-Chorus Repeat 8]
Safe up here with you
此処であなたと暮らしてれば安心

曲名Hyper-Ballad
(ハイパー・バラッド)
アーティスト名
(ビョーク)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
1995年 (アルバム)

Hyper-Ballad/ 解説

「Hyper-Ballad」はアイスランド出身のビョークが1995年に発表したシングルです。彼女の楽曲の中でも人気があります。プロデュースはビョークとSoul II Soulのネリー・フーパーによる共同プロデュースです。

バラッドはイギリスなどで伝承された物語や民謡的な歌のことで、シンプルなフレーズでリフレイン、リピートが多いのが特徴のようです。曲もタイトルもハイパーかっこいいですね。

毎日、崖の上からいらないものを投げ捨てては、自分も崖から落ちることも想像します。この習慣によって幸せを感じつつ、最後は“此処であなたと暮らしてれば安心”で閉めるのでなかなか不可思議なナンバーです。それでも奇想天外なビョークさんのイメージの割には分かりやすい歌詞だと思います。