Killing Me Softly With His Song/ 歌詞和訳と意味

[Chorus]
Strumming my pain with his fingers
奏でる音色は痛みに触れて
Singing my life with his words
紡ぐ言葉はまるで私の人生のよう
Killing me softly with his song
やさしく歌って
Killing me softly with his song
この辛い現実から私を救い出してほしい
Telling my whole life with his words
その言葉で私の辛い人生を伝えて
Killing me softly with his song
苦しみから私を救って…

[Verse 1]
I heard he sang a good song, I heard he had a style
良い歌だなと思った 洗練されていて
And I came to see him, and listen for a while
だから少しだけ歌声の元へ見に行ったの
And there he was this young boy, stranger to my eyes
いたのは若い男の子 私には予想外だった

[Chorus]
Strumming my pain with his fingers
奏でる音色は痛みに触れて
Singing my life with his words
紡ぐ言葉はまるで私の人生のよう
Killing me softly with his song
やさしく歌って
Killing me softly with his song
この辛い現実から私を救い出してほしい
Telling my whole life with his words
その言葉で私の辛い人生を伝えて
Killing me softly with his song
苦しみから私を救って…

[Verse 2]
I felt all flushed with fever, embarrassed by the crowd
体中が熱くなり 人混みの中で恥ずかしくなった
I felt he found my letters, then read each one out loud
まるで私の書いた手紙を読み上げられてるみたいで
I prayed that he would finish, but he just kept right on
早く終わって欲しいと祈っても 彼は歌い続けた

[Chorus]
Strumming my pain with his fingers
奏でる音色は痛みに触れて
Singing my life with his words
紡ぐ言葉はまるで私の人生のよう
Killing me softly with his song
やさしく歌って
Killing me softly with his song
この辛い現実から私を救い出してほしい
Telling my whole life with his words
その言葉で私の辛い人生を伝えて
Killing me softly with his song
苦しみから私を救って…

[Chorus]
Strumming my pain with his fingers
奏でる音色は痛みに触れて
Singing my life with his words
紡ぐ言葉はまるで私の人生のよう
Killing me softly with his song
やさしく歌って
Killing me softly with his song
この辛い現実から私を救い出してほしい
Telling my whole life with his words
その言葉で私の辛い人生を伝えて
Killing me softly with his song
苦しみから私を救って…

「Killing Me Softly With His Song(邦題:やさしく歌って)」 – The (フージーズ)の歌詞を和訳

曲名Killing Me Softly With His Song
(邦題:やさしく歌って)
アーティスト名
(フージーズ)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
(アルバム)

Killing Me Softly With His Song/ 解説

フージーズのカバーは英チャートで1位を記録し、イギリスでは1996年の最多セールスシングルになりました。翌年の1997年にはグラミー賞、PVはMTVアワードを受賞ととんでもない人気を博しました。ちなみにアメリカとイギリスだけでも凄いですが、10ヶ国以上のウィークリーチャートで1位に喰い込むというヤバすぎるセールス記録も残してます。

カバーの際には、フージーズは歌詞を反ドラッグ、反貧困の意味を持たせたものに変えて歌いたかったそうですが、作曲者から許可が下りなかったとのこと。そりゃ仕方ないと言いたくなるくらい、この歌詞は完成されていて魅力的です。

もとは1971年に作られたこの曲は、ドン・マクリーンの「Empty Chairs」という曲に感動した、シンガー・ソングライターのロリ・リーバーマンによる詩が元だとか。体験がそのまま曲に表れていますね。