Lovefool/The Cardigans 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
ねぇ 私達話し合うタイミングだと思うの
知ってるのよ 貴方が私を愛してないって
愛してもらうために頑張っても多分無理ってことも

ママは悩んでちゃダメだって私に言うの
別れて他の男と付き合わないといけないって
本当に私にふさわしい男性とね
でも私にふさわしいのは貴方なの!

[Pre-Chorus]
だから涙を流し 貴方の愛を願い
欲しがるのよ

[Chorus]
愛して 愛してよ 愛してるって言って
騙して 騙してよ 別れずに騙して
愛して 愛してよ 愛してるフリでもいいからして
離れて 離れてよ それで私が必要だって言って

愛して 愛してよ 愛してるって言って
離れて 離れてよ それで私が必要だって言って
貴方のこと以外なんてどうでもいいの

[Verse 2]
最近必死になって考えてた
何日も眠れない夜を過ごして私は思ったの
貴方に振られないよう何が他に出来たのかなって

理由を考えてみても答えは見つからなくて
結局なにもわからずじまい
別れない限りは大事にしてくれるか気にしないの

[Pre-Chorus]
だから涙を流し 貴方の愛を願い
欲しがるのよ

[Chorus]
愛して 愛してよ 愛してるって言って
騙して 騙してよ 別れずに騙して
愛して 愛してよ 愛してるフリでもいいからして
離れて 離れてよ それで私が必要だって言って

だから涙を流し 貴方に願うの そう
愛して 愛してよ フリでもいいから

離れて 離れてよ それで私が必要だって言って
貴方のこと以外なんてどうでもいいの
貴方のこと以外なんて

愛して 愛してよ 愛してるって言って
騙して 騙してよ 別れずに騙して
愛して 愛してよ 私が必要だってわかってるわ
貴方のこと以外なんてどうでもいいの

「Lovefool(ラヴフール)」 – The Cardigans(ザ・カーディガンズ)の歌詞を和訳

曲名Lovefool(ラヴフール)
アーティスト名The Cardigans(ザ・カーディガンズ)
収録アルバムFirst Band on the Moon
ジャンルDisco-pop
リリース日1996年9月14日
録音場所不明
レーベルStockholm, Mercury
作詞作曲Peter Svensson, Nina Persson
プロデュースTore Johansson

Lovefool/The Cardigans 解説

ボーカルのニーナ・パーションが空港でフライトを待っている間に書き上げた曲です。割とスラスラと歌詞が浮かんできたみたいで、今までの歌詞の中で最も作曲が簡単だったとか。歌詞の解釈はタイトルに違わず、ちょっと重めな恋愛の歌です。好きな人から嫌われても、なお愛してと縋る女性の姿は、少し病的な怖さも感じますね。

この曲は全英チャート2位という好セールスを記録するとともに、レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ロミオ+ジュリエット」など数多くの映画にも挿入歌として使われたため、非常に知名度の高い名曲です。