Lovin’ You/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Lovin’ you is easy
あなたを愛するのは簡単よ
Cause you’re beautiful
だってあなたは素敵な人だから
Makin’ love with you is all I wanna do
私の望みはあなたと触れ合いたいだけ
Lovin’ you is more than just a dream come
あなたを愛することは夢が叶う以上ね
And that I do is out of lovin’ you
あなたを愛することが私のすべてよ

[Chorus]
La la la la la, la la la la la
La la la la la, la la la la la
Do do do do do, ooh

このメロディは赤ん坊のマヤ・ルドルフ(彼女の娘)をあやすために作ったそうです。

[Verse 2]
No one else can make me feel
他の誰にも感じたことないの
The colors that you bring
色とりどりの世界をあなたが見せてくれた
Stay with me while grow old
年を重ねていっても私がそばにいれば
And will live each day in springtime
毎日、春の息吹を感じれるわ
Cause lovin’ you
だってあなたを愛して
Has made my life beautiful
私の人生はとても美しくなったのよ
And every day of my life is filled with lovin’ you
私の人生はいつもあなたへの愛で満たされている
Lovin’ you
あなたを愛してる
I see your soul come shinin’ through
あなたの魂が私を照らしてくれる
And every that we, ooh, I’m more in love with you
時が経てば経つほどあなたへの愛は深まるわ

[Chorus]
La la la la la, la la la la la
La la la la la, la la la la la
Do do do do do, ooh

[Verse 3]
No one else can make me feel
他の誰にも感じたことないの
The colors that you bring
色とりどりの世界をあなたが見せてくれた
Stay with me while grow old
年を重ねていっても私がそばにいれば
And will live each day in springtime
毎日、春の息吹を感じれるわ
Cause lovin’ you is easy
あなたを愛するのは簡単よ
Cause you’re beautiful
だってあなたは素敵な人だから
And every day of my life is filled with lovin’ you
私の人生はいつもあなたへの愛で満たされている
Lovin’ you
あなたを愛してる
I see your soul come shinin’ through
あなたの魂が私を照らしてくれる
And every that we, ooh, I’m more in love with you
時が経てば経つほどあなたへの愛は深まるわ

[Chorus]
La la la la la, la la la la la
La la la la la, la la la la la
Do do do do do, ooh
Lovin’ you
あなたを愛してる
La la la la la, la la la la la
Do do do do do
Dee do, dee do, dee do
ディドゥ、ディドゥ、ディドゥ
Maya, Maya, Maya, Maya
マヤ、マヤ、マヤ、マヤ
Maya, Maya
マヤ、マヤ
La la la la la la la la
Dee do, dee do, dee do
ディドゥ、ディドゥ、ディドゥ

Maya:マヤはミニーの娘。
曲名Lovin’ You
(ラヴィン・ユー)
アーティスト名
(ミニー・リパートン)
収録アルバム
リリース日1975年 (シングル)
1974年 (アルバム)

Lovin’ You/ 解説

「Lovin’ You」はミニー・リパートンの愛娘マヤをあやしながら作ったメロディが原型で、そこから夫のリチャード・ルドルフと共に仕上げられた楽曲です。

歌詞は夫と娘への深い愛情を歌っています。演奏はリチャードのギター、スティービィー・ワンダーのエレクトリック・ピアノ、鳥のさえずりのみ。ドラムもベースもない演奏をバックに、愛のよろこびに満ち溢れたミニーのヴォーカルが美しく響きます。小鳥のさえずりはそんなミニーの家族を祝福してくれるようです。

この曲はアルバムからのシングルカットとして1975年にリリースされ全米1位に輝きますが、翌年1976年にミニーは乳がんと診断されてしまいます。そして闘病生活の末、1979年に31歳の若さで短い生涯を閉じるのです。

「Lovin’ You」はすでに時代を超えた不朽の名曲ですが、背景を知るとよりミニーの慈愛と尊さが優しく響きます。

娘のマヤは現在『ブギーナイツ』『マグノリア』などで知られる映画監督のポール・トーマス・アンダーソンとパートナー関係にあり、二人の間には子供が4人います。