/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Here comes Johnny Yen again
ジョニー・イェンがまた来やがった
With the liquor and drugs and the flesh machine
酒とドラッグとクソ女を連れて
He’s gonna do another striptease
またストリップショーを始めるらしいぞ
Hey man, where’d you get that lotion?
おい、そのローションはどこで手に入れたんだよ
I been hurting since I bought the gimmick
About something called love
俺は愛と呼ばれるからくりを買ってからずっと心が痛いんだよ
Yeah, something called love
本当だよ、愛と呼ばれる代物さ
Well, that’s like hypnotizing chickens
まぁね、鶏に催眠術かけるみたいなもんだけど

Johnny Yen:ミュージシャン

[Chorus]
Well, I’m just a modern guy
ほら、俺は現在人だからさ
Of course I’ve had it in the ear before
もちろん知ってたよ
‘Cause of a
生きていきたいからね
‘Cause of a
だって生き抜いていきたいんだよ

[Verse 2]
I’m worth a million in prizes
俺には100万ドルの価値があるんだ
With my torture film,
残酷な映画のおかげでね
Drive a GTO
GTOを走らせ
Wear a uniform all on a government loan
国に借金して制服を仕立てたよ
I’m worth a million in prizes
俺には100万ドルの価値があるんだ
Yeah, I’m through with sleeping on the sidewalk
嬉しいよ、歩道で眠ることはもうないんだね
No more beating my brains
もう頭痛に悩まされることはないさ
No more beating my brains
もう頭痛に悩まされることはないさ
With the liquor and drugs
酒とドラッグがあるからね
With the liquor and drugs
酒とドラッグがあるからね

[Chorus Repeat 2]
Well, I am just a modern guy
ほら、俺は現在人だからさ
Of course, I’ve had it in the ear before
もちろん知ってたよ
‘Cause of a
生きていきたいからね
‘Cause of a
だって生き抜いていきたいんだよ

[Verse 3]
Well, here comes Johnny Yen again
ほら、ジョニー・イェンがまた来やがった
With the liquor and drugs, and the flesh machine
酒とドラッグとクソ女を連れて
I know he’s gonna do another striptease
またストリップショーを始めるらしいぞ
Hey man, where’d you get that lotion?
おい、そのローションはどこで手に入れたんだ
Your skin starts itching once you buy the gimmick
About something called love
俺は愛と呼ばれるからくりを買ってからずっと心が痛いんだよ
Oh, love, love, love
愛、愛、愛だよ
Well, that’s like hypnotizing chickens
まぁね、鶏に催眠術かけるみたいなもんだけど

[Chorus]
Well, I am just a modern guy
ほら、俺は現在人だからさ
Of course I’ve had it in the ear before
もちろん知ってたよ
‘Cause of a
生きていきたいからね
‘Cause of a
だって生き抜いていきたいんだよ

[Outro]

俺は生きていくよ

曲名
(ラスト・フォー・ライフ)
アーティスト名
(イギー・ポップ)
収録アルバム
リリース日1977年 (シングル)
1977年 (アルバム)

/ 解説

」はアメリカのイギー・ポップが1977年に発表した楽曲です。デヴィッド・ボウイとのコラボ曲でもあります。

ボウイとイギーとマーク・ボランって同じ1947年生まれなんですね。調べるとボウイはマークの残された家族と過去のイギーの財政難を金銭面で救ってるそうです。Lust For Life (生きていたい欲) の通り、イギーには二人の分も長生きして欲しいです。

この曲は映画『トレインスポッティング』で使われた楽曲として有名です。冒頭のユアン・マクレガーが走り続けるシーンはインパクトあります。ライヴで観客をステ-ジに上げて踊り狂うシーンも思い浮かびますね。

イントロのドラムとベースのビートはザ・ロックンロールで何度聴いても痺れます。