/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1: Roger Daltrey (Pete Townshend & John Entwistle)]
People try to put d-down
大人は俺たちを見下そうとする
(Talkin’ ‘bout my generation)
(俺の世代の話さ)
Just because get around
その辺を動き回ってるだけなのに
(Talkin’ ‘bout my generation)
(俺の世代の話さ)
Things they do look awful c-c-cold
奴らのやってることもひどく冷たく見えるぜ
(Talkin’ ‘bout my generation)
(俺の世代の話さ)
I hope I die before I get old
俺は年とる前に死にたいね
(Talkin’ ‘bout my generation)
(俺の世代の話さ)
This is
これがマイ・ジェネレーションさ
This is my generation, baby
これがマイ・ジェネレーションなんだぜ

[Verse 2 Repeat 2: Roger Daltrey (Pete Townshend & John Entwistle)]
Why don’t you all f-fade away
みんな消えてくれないかな
(Talkin’ ‘bout my generation)
(俺の世代の話さ)
And don’t try to dig what all s-s-say
俺たちの言うことを真に受けないでくれよ
(Talkin’ ‘bout my generation)
(俺の世代の話さ)
I’m not trying to cause a big s-s-sensation
そんなデカいセンセ-ションを巻き起こそうなんて思っちゃいないよ
(Talkin’ ‘bout my generation)
(俺の世代の話さ)
I’m just talkin’ ‘bout my g-g-g-generation
俺の世代の話をしてるだけさ
(Talkin’ ‘bout my generation)
(俺の世代の話さ)
This is
これがマイ・ジェネレーションさ
This is my generation, baby
これがマイ・ジェネレーションなんだぜ

[Bridge Repeat 2]
My, my,
マイ・ジェネレーション

[Verse 1: Roger Daltrey (Pete Townshend & John Entwistle)]
People try to put d-down
大人は俺たちを見下そうとする
(Talkin’ ‘bout my generation)
(俺の世代の話さ)
Just because g-g-get around
その辺を動き回ってるだけなのに
(Talkin’ ‘bout my generation)
(俺の世代の話さ)
Things they do look awful c-c-cold
奴らのやってることもひどく冷たく見えるぜ
(Talkin’ ‘bout my generation)
(俺の世代の話さ)
I hope I die before I get old
俺は年とる前に死にたいね
(Talkin’ ‘bout my generation)
(俺の世代の話さ)
This is
これがマイ・ジェネレーションさ
This is my generation, baby
これがマイ・ジェネレーションなんだぜ

[Bridge]
My, my,
マイ・ジェネレーション

[Outro 1: (Pete Townshend & John Entwistle) Roger Daltrey]
(Talkin’ ‘bout my generation)
(俺の世代の話さ)
(Talkin’ ‘bout my generation)
(俺の世代の話さ)

マイ・ジェネレーション
(Talkin’ ‘bout my generation)
(俺の世代の話さ)

マイ・ジェネレーション

[Outro 2: (Pete Townshend & John Entwistle) Roger Daltrey Repeat 5]
(Talkin’ ‘bout my generation)
(俺の世代の話さ)
This is
これがマイ・ジェネレーションなんだぜ

曲名
(マイ・ジェネレーション)
アーティスト名
(ザ・フー)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
1(アルバム)

/ 解説

」はイギリスのロックバンド、ザ・フーが1965年に発表した楽曲です。ザ・フーの代表曲でピート・タウンゼント(ギター)の作品です。

歌詞はそのまま若者の感情をストレートに吐き出してます。年代によって受け取り方は異なるでしょう。今も昔も何も変わってないことが分かります。それこそ縄文時代からです。マイ・ジェネレーション・フォーエバーです。

ザ・フーはモッズ文化の象徴的な存在であり、特異な立ち位置のバンドです。パンクはイメージしやすいのですが、モッズは少し難しいですね。興味ある人は1979年の映画『さらば青春の光』をオススメします。

1965年はビートルズが『ラバーソウル』を発表した時代です。この時代にこの曲がどう響いたのか気になります。