こんにちは、アニです。

今回はLinkin Park(リンキン・パーク)、「One More Light(ワン・モア・ライト)」の和訳を紹介します。

アニがリンキン・パークを聴くようになったのは、ボーカルのチェスター・ベニントンが亡くなった後のことでした。

その時に聴くきっかけになったのが、この「One More Light」です。

PVの彼がとても印象的で、それまでリンキン・パークに抱いていた「なんとなく怖そう」なイメージが消えたんですよねー。

音楽に真摯に向き合う姿、ファンへの愛情が伝わってくる笑顔、彼が向ける優しい眼差し。なんだか全然イメージと違って、聴かずにいたことを悔やみました。

この「One More Light」も、孤独を感じている人や挫折してしまった人、そんな人達をそっと支えるような歌詞になっています。

今回は歌詞の和訳を紹介したあと、作曲の経緯などもお伝えしますね。

「One More Light」歌詞の意味と和訳

Should’ve stayed, were there signs
I ignored?
Can I help you, not to hurt
Anymore?
We saw brilliance, when the world
Was asleep
There are things that we can have
But can’t keep

とどまるべきだったのか
サインを見逃したのか?
これ以上傷つかないよう
出来ることはあるかい?
世界が寝ている間
俺たちは光を見たよな
手に入れられても
持ち続けるのは無理なものもあるよ

If they say
Who cares if
One more light goes out?
In a sky of a million stars
It flickers, flickers
Who cares when someone’s time runs out?
If a moment is all we are
We’re quicker, quicker
Who cares if
One more light goes out?
Well I do

もしあいつらがこう言ったって
「光がもう一つ消えたとして」
「誰も気にしないよ」
「空にたくさんの星がある中」
「一つが瞬いたところでね」
「他人の人生が終わることを
「誰が気にする?」
「この一瞬が僕らそのものだとしたら」
「すぐに終わってしまうよ」
「光がもう一つ消えたとして」
「誰が気にするの?」
俺は気にするよ

The reminders
Pull the floor from your feet
In the kitchen
One more chair than you need oh
And you’re angry, and you should be
It’s not fair
Just ‘cause you can’t see it
Doesn’t mean it, isn’t there

思い出のつまった物が
君の足を震えさせる
キッチンには
必要のない椅子がもう一つ
怒る君 無理もないよ
こんな不条理なこと
目に映らないからそこには居ない
ってことではないんだ

If they say
Who cares if
One more light goes out?
In a sky of a million stars
It flickers, flickers
Who cares when someone’s time runs out?
If a moment is all we are
We’re quicker, quicker
Who cares if
One more light goes out?
Well I do

もしあいつらがこう言ったって
「光がもう一つ消えたとして」
「誰も気にしないよ」
「空にたくさんの星がある中」
「一つが瞬いたところでね」
「他人の人生が終わることを
「誰が気にする?」
「この一瞬が僕らそのものだとしたら」
「すぐに終わってしまうよ」
「光がもう一つ消えたとして」
「誰が気にするの?」
俺は気にするよ

Who cares if
One more light goes out?
In a sky of a million stars
It flickers, flickers
Who cares when someone’s time runs out?
If a moment is all we are
We’re quicker, quicker
Who cares if
One more light goes out?
Well I do
Well I do

「光がもう一つ消えたとして」
「誰も気にしないよ」
「空にたくさんの星がある中」
「一つが瞬いたところでね」
「他人の人生が終わることを
「誰が気にする?」
「この一瞬が僕らそのものだとしたら」
「すぐに終わってしまうよ」
「光がもう一つ消えたとして」
「誰が気にするの?」
俺は気にするよ
俺は気にするよ

英語歌詞は「One More Light(ワン・モア・ライト)」 – Linkin Park(リンキン・パーク)より引用

「One More Light」にまつわるエピソード

「One More Light」を作曲したのはメンバーのマイク・シノダ。(チェスター・ベニントンじゃないですよ)

レコード会社のスタッフであり、長年の間リンキン・パークのプロモーションに携わってきたAmy Zaretという女性がいます。

彼女は残念ながらガンにかかってしまい、2015年に急逝してしまいました。その彼女のために作られた曲が「One More Light」です。

残念ながらバンドのボーカル、チェスター・ベニントンも友人の死を追うように
2017年に自殺。

そのため、「One More Light」はチェスターが参加した最後のシングルになってしまいました。

記事作成にあたり参考にさせていただいたサイト: Songfacts, 英語版Wikipedia