One More Try/George Michael 歌詞和訳と意味

こんなに辛いのはもううんざりさ
僕は通りに出てる人々を見ながら
天使を探してるんだ
少しでも安らぎが欲しくて

僕に知ってほしいなら
たぶん今がその時さ
だから愛してるなら そう言ってくれ
でもそうじゃないなら
もう関わらないでくれよ

だって「先生」
知りたくないことだってあるんだ
最後の一言のせいで泣けてきたし

だから経験したくないんだ
君を抱きしめたり 君に触れたり
自分の恋人だって思うことなんて
だってキツイだけなんだよ
男の子が彼女に振られるなんて

ただの他人だった頃
君は遠い存在だった
気にも留めなかったのに
今では心が熱くなる
君の目の表情がノーだって言ってる
でも僕のことを愛しているなら
僕が必要だってことなのさ
歌を書いたよ 悪いことだとわかってる
それでも好きにさせて

だって「先生」
知りたくないことだってあるんだ
最後の一言のせいで泣けてきたし

だから経験したくないんだ
君を抱きしめたり 君に触れたり
自分の恋人だって思うことなんて
だってキツイだけなんだよ
男の子が彼女に振られるなんて

僕が必要だって言うのなら
絶対に離れないってことだね
そうじゃないんでしょ
君の愛はそんなに強くないさ もう行かせて

ねぇ「先生」
まだ学ばないといけないことがたくさんある
でももう学んだことは宝物さ
だから経験したくないんだ
君を抱きしめたり 君に触れたり
自分の恋人だって思うことなんて
だってキツイだけなんだよ
恋愛に奥手な男の子にはね

心の中が冷たいよ
あと一度だけ頑張ってみよう

「One More Try(ワン・モア・トライ)」 – George Michael(ジョージ・マイケル)の歌詞を和訳

One More Try/George Michael 解説

ジョージ・マイケルと名前だけ聞くとわからない人も多いですが、彼はイギリスのバンドであるWham!のメンバーです。Wham!での活動を通して浴びてきた多数の批判に疲れた彼は、Wham!を解散しソロ活動を進めていき、「One More Try」を含むソロアルバム「Faith」をリリース。1989年のグラミー賞でアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞するほどの人気を博しました。この「One More Try」もシングルとして米ビルボード1位を獲得しています。

この曲はジョージ・マイケル自身の恋愛スタンスを表した曲です。過去の経験から、新しい恋人にはすぐには心を開けない自分を表現しています。ちなみに曲中に先生という単語が出てくるので「先生と生徒の禁断の恋愛か!?」と思われがちですが、これは恋愛を通して学びが多そうだということで、恋人を「先生」に見立てているんだとか。ちなみにこの曲については、あのエルトン・ジョンも「こんな曲を書きたかった」とそのクオリティを認めたほどです。

Amazon Music Unlimitedについて

音楽配信サービスはたくさん種類がありますが、サイト管理人は「Amazon Music Unlimited」を使っています。

・楽曲数が最大(6500万曲):世界No.1のラインナップ。超マイナーでも見つかる
・月額コストが低い:月額780円と他の音楽配信サービスと比較して超低価格
・Alexa対応:音声操作で好きな時に手軽に聴ける
・ダウンロード機能有:ダウンロードしておけばオフライン時でも聴ける
・おすすめ・プレイリスト充実:まだ知らない良曲にきっと出会える

正直、他の音楽配信サービスより群を抜いてお得です。まだ音楽配信サービスを使ったことがない方も、他の音楽配信サービスを利用中の方も、Amazon Music Unlimitedを使ってみてください。きっとヘビーユーザーになるはずです。