Slave To The Rhythm/Michael Jackson 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
She dances in the sheets at night
彼女は 夜になるとシーツの中で踊る
She dances to his needs
彼の要求に応えるんだ
She dances ‘til he feels just right
彼が 気持ちよくなるまで踊る
Until he falls asleep
そして 眠りにつくまで
She dances at the crack of dawn
彼女は 夜明けになると踊る
And quickly cooks his food
そして 彼の食事の世話もするんだ
She can’t be late, can’t take too long
遅れてはいけない 時間をかけてられない
The kids must get to school
子供達を学校へ送らなきゃだから

[Chorus]
‘Cause she’s a slave to the rhythm
そんな生活リズムに 囚われてしまってるんだ
‘Cause she’s a slave to the rhythm of
彼女はこのリズムに囚われてる
‘Cause she’s a slave to the rhythm
A slave to the rhythm of
A rhythm of love, a rhythm of love
この 愛するリズム 愛のリズムに・・・
‘Cause she’s a slave to the rhythm
‘Cause she’s a slave to the rhythm of
‘Cause she’s a slave to the rhythm
A slave to the rhythm of
A rhythm of love, a rhythm of love

[Verse 2]
She dances for the man at work
彼女は 職場で男のために踊る
Who works her overtime
残業を強いる 男のために
She can’t be rude as she says
“Sir, I must be home tonight”
「今夜は 家に帰らないといけないんです」
・・・なんて 言えるはずもない
She dances to the kitchen stove
彼女は  キッチンコンロに向かって踊る
Dinner is served by nine
ディナーは9時には出来上がってなければいけない
He says his food’s an hour late
彼は 1時間も遅いじゃないかと言う
She must be out her mind
もう 彼女は 気が狂っても仕方がないよ

[Chorus]
‘Cause she’s a slave to the rhythm
そんな生活リズムに 囚われてしまってるんだ
‘Cause she’s a slave to the rhythm of
彼女はこのリズムに囚われてる
‘Cause she’s a slave to the rhythm
A slave to the rhythm of
A rhythm of love, a rhythm of love
この 愛するリズム 愛のリズムに・・・
‘Cause she’s a slave to the rhythm
‘Cause she’s a slave to the rhythm of
‘Cause she’s a slave to the rhythm
A slave to the rhythm of
A rhythm of love, a rhythm of love

[Bridge]
She works so hard just to make a way
彼女は懸命に働いている ただそうするしかないかのように
For a man to just don’t appreciate
感謝もしない男のために
And though he takes her love in vain
彼女は自分の愛情を 無駄にしていくんだ
Still, she could not stop, couldn’t break his chains
彼女はそれを断ち切ることができない 彼の鎖から逃れられない

[Verse 3]
She danced the night that they fell out
彼女は倒れるまで踊り続ける
She swore she’d dance no more
これ以上 もう無理だって誓った
But dance, she did, he did not quit
それでも踊り続けた
As she ran out the door
そしてドアを飛び出した時 彼はそれを止めなかった
She danced through the night in fear of her life
彼女は人生に怯えながら踊った
She danced to a beat of her own
自分のリズムに合わせて・・・
She let out a cry and swallowed the pride
彼女は泣くのをやめて プライドをぐっと飲み込む
She knew she was needed back home, home
分かっていたんだ 家に戻らないといけないって

[Chorus]
‘Cause she’s a slave to the rhythm
そんな生活リズムに 囚われてしまってるんだ
‘Cause she’s a slave to the rhythm of
彼女はこのリズムに囚われてる
‘Cause she’s a slave to the rhythm
A slave to the rhythm of
A rhythm of love, a rhythm of love
この 愛するリズム 愛のリズムに・・・
‘Cause she’s a slave to the rhythm
‘Cause she’s a slave to the rhythm of
‘Cause she’s a slave to the rhythm
A slave to the rhythm of
A rhythm of love, a rhythm of love

[Outro]
You got to have pride (A rhythm of love)
プライドは持っているべきだよ
To give it, want it, do it, baby (A rhythm of love)
許して 求めて そして実行するんだ

曲名Slave To The Rhythm
(スレイブ・トゥ・ザ・リズム)
アーティスト名Michael Jackson
(マイケル・ジャクソン)
収録アルバムXscape
リリース日2014年 5月9日(シングル)
2014年 5月9日(アルバム)

Slave To The Rhythm/Michael Jackson 解説

マイケル・ジャクソン2枚目の遺作アルバム『Xscape』の5曲目に収録されている楽曲。

胸が締め付けられるほどの、生活に追われる母親のお話。

自分を消し、家族のために身を粉にして「踊り」続ける。そんな無茶なリズムから逃げ出すこともできず、ただ踊り続ける彼女を見ると、なんとかして「彼女自身」を取り戻してあげられないだろうか・・・と思ってしまいます。