Stan/EMINEM 歌詞和訳と意味

[Chorus Repeat 2: Dido]
My tea’s gone cold,
紅茶が冷めてしまった
I’m wondering why I got out of bed at all
どうして起きてしまったのかしら
The morning rain clouds up my window
朝の雨で窓は曇ってるのに
And I can’t see at all
何にも見えない
And even if I could it’d all be gray
見えたとしても曇り空
But your picture on my wall
でも壁にあなたの写真が飾ってあるから
It reminds me that it’s not bad, it’s not
悪くない、全然悪くないわ

コーラスはイギリスの女性歌手ダイドのThank Youをサンプリングしてます。

[Verse 1: Eminem (as Stan)]
Dear Slim, I wrote you, but you still ain’t callin’
親愛なるスリムへ、手紙を書いたのにまだ電話をくれないんだね
I left my cell, my pager and my home phone at the bottom
携帯にポケベル、家の電話番号も一番下に書いておいたのに
I sent two letters back in autumn,
秋に2通送ったんだよ
you must not’ve got ‘em
ひょっとしてまだ受け取ってないのかな
There probably was a problem at the post office or somethin’
きっと郵便局で手違いが起きたんだ
Sometimes I scribble addresses too sloppy when I jot ‘em
俺の汚い字のせいで住所が読めなかったのかもね
But anyways, fuck it, what’s been up, man? How’s your daughter?
そんなことはクソどうでもいいか、最近はどう?娘は元気にしてる?
My girlfriend’s pregnant too, I’m ‘bout to be a father
俺の彼女も妊娠中でね、俺もついに父親になるんだよ
If I have a daughter, guess what I’ma call her?
もし娘が生まれたら、何て名前にすると思う?
I’ma name her Bonnie
なんと、ボニーと名づける予定なんだよね
I read about your Uncle Ronnie too, I’m sorry
あんたのおじさんの記事も読んだよ、気の毒にね
I had a friend kill himself over some bitch who didn’t want him
俺の友達にも女にフラれて自殺した奴がいるよ
I know you probably hear this every day, but I’m your biggest fan
毎日聞き飽きてるだろうけど、敢えて言うよ、俺はあんたの世界一のファンだ
I even got the underground shit that you did with Skam
あんたがスカムとやったアンダーグラウンドの音源を持ってるよ
I got a room full of your posters and your pictures, man
俺の部屋はあんたの写真とポスターでいっぱいだ
I like the shit you did with Rawkus too, that shit was phat
あんたがロウカスとやったやつもクソ最高だった、あれはイケてる
Anyways, I hope you get this, man, hit me back
とにかくこの手紙があんたに届いて欲しい、頼むから連絡くれよ
Just to chat, truly yours, your biggest fan, this is Stan
チャットでいいんだ、心を込めて、世界一のファン、スタンより

Slim:エミネムの愛称、スリム・シェイディから
pager:ポケベル
Skam:スカム。エミネムは無名時代、スカムと3hree6ix5iveという曲でコラボしてます。
Rawkus:ロウカス。アメリカのインディペンデント系ヒップホップレーベル。
truly yours:敬具 友人が自殺した話からスタンのスイッチが入り、ヒートアップしていきます。

[Chorus: Dido]
My tea’s gone cold,
紅茶が冷めてしまった
I’m wondering why I got out of bed at all
どうして起きてしまったのかしら
The morning rain clouds up my window
朝の雨で窓は曇ってるのに
And I can’t see at all
何にも見えない
And even if I could it’d all be gray
見えたとしても曇り空
But your picture on my wall
でも壁にあなたの写真が飾ってあるから
It reminds me that it’s not bad, it’s not
悪くない、全然悪くないわ

[Verse 2: Eminem (as Stan)]
Dear Slim, you still ain’t called or wrote, I hope you have a chance
親愛なるスリムへ、まだ電話もないし、手紙も届いてない、ちょっとでいいから頼むよ
I ain’t mad, I just think it’s fucked up you don’t answer fans
別に怒ってないよ、でもファンの気持ちに応えないのは最悪だなって思うだけ
If you didn’t want to talk to me outside your concert, you didn’t have to
コンサート会場以外で俺と話したくないならそれでもいいよ
But you coulda signed an autograph for Matthew
でもさ、マシューにサインしてやるくらいはいいだろ
That’s my little brother, man, he’s only six years old
俺の小さな弟でまだ6歳なんだ
We waited in the blisterin’ cold for you,
俺たちは極寒の中、あんたを待っていた
For four hours, and you just said no
4時間もね、それなのにあんたはNOの一言だよ
That’s pretty shitty, man, you’re like his fuckin’ idol
酷すぎるだろ、あんたは弟のクソアイドルなのにさ
He wants to be just like you, man, he likes you more than I do
弟はあんたみたいになるのが夢で、俺以上にあんたのことが好きなんだ
I ain’t that mad, though I just don’t like bein’ lied to
それでも俺は怒ってないよ、ただウソをつかれるのが嫌なだけ
Remember when we met in Denver?
デンバーで会った時のことを覚えてる?
You said if I’d write you, you would write back
手紙を書いたら返事をくれるって言ったよな
See, I’m just like you in a way: I never knew my father neither
いいか、俺とあんたは似たような境遇なんだ、まずお互いに父親を知らないだろ
He used to always cheat on my mom and beat her
奴はよく母さんをだましてはぶん殴ってたよ
I can relate to what you’re sayin’ in your songs
あんたの曲には共感できる
when I have a shitty day, I drift away and put ‘em on
なにもかもうまくいかない日はあんたの曲を流して過ごしてるんだ
‘Cause I don’t really got shit else
他にすることもないしね
that shit helps when I’m depressed
落ち込んだ俺をあんたの曲が救ってくれる
I even got a tattoo with your name across the chest
胸にはあんたの名前のタトゥーまであるんだぜ
Sometimes I even cut myself to see how much it bleeds
時々自分の身体を切ってはどれくらい血が出るか眺めてる
It’s like adrenaline, the pain is such a sudden rush for me
アドレナリンみたいなもんで痛みが突然襲ってくるんだ
See, you say is real, and I respect you ‘cause you tell it
いいか、俺の言うことはすべてリアルだ、あんたをリスペクトしてるぜ
My girlfriend’s jealous ‘cause I talk about you 24/7
俺が四六時中、あんたの話をしてるから俺の彼女はあんたに嫉妬してるよ
But she don’t know you like I know you, Slim, no one does
彼女は俺みたいにあんたのことを知らないからな、なぁスリム、ひどすぎるだろ
She don’t know what it was like for people like us growin’ up
あの女は俺たちがどんなふうに育ってきたか分かってないんだよ
You gotta call me, man, I’ll be the biggest fan you’ll ever lose
じゃあ電話よろしく、このままだとあんたは世界一のファンを失うことになるぜ
Sincerely yours, Stan—P.S. We should be together too
愛を込めて スタン
追伸 俺たちは同じ運命

Sincerely yours:敬具

[Chorus: Dido]
My tea’s gone cold,
紅茶が冷めてしまった
I’m wondering why I got out of bed at all
どうして起きてしまったのかしら
The morning rain clouds up my window
朝の雨で窓は曇ってるのに
And I can’t see at all
何にも見えない
And even if I could it’d all be gray
見えたとしても曇り空
But your picture on my wall
でも壁にあなたの写真が飾ってあるから
It reminds me that it’s not bad, it’s not
悪くない、全然悪くないわ

[Verse 3: Eminem (as Stan)]
Dear Mr. I’m-Too-Good-to-Call-or-Write-My-Fans
親愛なるミスター “ファンに電話や手紙をしていられるか” 様へ
This’ll be the last package I ever send your ass
これがお前のケツの穴に送る最後の手紙になるだろうよ
It’s been six months, and still no word—I don’t deserve it?
あれから6か月だぜ、なのに何の返事もない、こんな仕打ちってあるかよ
I know you got my last two letters, I wrote the addresses on ‘em perfect
最後の2通の手紙は受け取ってるよな、完璧な住所を書いたんだ
this is my cassette I’m sendin’ you, I hope you hear it
今度お前に送るのはカセットテープだ、聞いてくれることを祈るぜ
I’m in the car right now, I’m doin’ 90 on the freeway
俺は今、高速を90マイルでぶっ飛ばしてる
Hey, Slim, I drank a fifth of vodka, you dare me to drive?
おい!スリム、ウォッカを5杯も飲んで運転させるなんてマジかよ
You know the song by Phil Collins, “In the Air of the Night”
フィル・コリンズの「In the Air or Night」って曲知ってるか
About that guy who coulda saved that other guy from drownin’
奴は溺れてる男を救うことができた
But didn’t, then Phil saw it all, then at a show he found him?
でも何もせずに一部始終を見てた、それからフィルはショーで奴を見つけたって話だ
That’s kinda how this is: you coulda rescued me from drownin’
今がそんな状況だ、お前は溺れてる俺を救うことができた
Now it’s too late, I’m on a thousand downers now—I’m drowsy
もう遅いけどな、俺は1000錠も鎮痛剤を飲んで、もうフラフラだ
And all I wanted was a lousy letter or a call
くだらない手紙か一本の電話だけで良かったのに
I hope you know I ripped all of your pictures off the wall
お前の写真は全部はがしてやった
I loved you, Slim, we coulda been together—think about it!
愛してるぜ、スリム、俺たちは一緒になれた、考えてもみろよ
You ruined it now, I hope you can’t sleep and you dream about it
お前がすべて台無しにしたんだぞ、眠れなくなってこの夢を見るといい
And when you dream I hope you can’t sleep and you scream about it
夢の中で泣き叫べよ
I hope your conscience eats at you
お前の良心がお前自身を食いつぶすとはな
and you can’t breathe without me
俺がいなきゃお前は息もできないぜ
See, Slim—
(shut up, bitch! I’m tryin’ to talk)
なぁ、スリム
(黙れビッチ、俺がしゃべってるんだ)
Hey, Slim, that’s my girlfriend screamin’ in the trunk
おい!スリム、今の叫びはトランクの中にいる彼女だ
But I didn’t slit her throat, I just tied her up—see? I ain’t like you
でも彼女の喉までは掻き切ってないぜ、縛っただけだ、俺はお前とは違うからな
‘Cause if she suffocates she’ll suffer more and then she’ll die too
彼女が窒息すればより苦しむことになるだろ、まぁいずれ彼女も死ぬけどな
Well, gotta go, I’m almost at the bridge now
さて、もう行くぜ、そろそろ橋に着きそうだし
Oh, shit, I forgot—how I supposed to send this shit out?!
クソ!しまった!どうやってこのクソテープを奴に送ればいいんだ?

90:90マイル=時速144km

[Chorus: Dido]
My tea’s gone cold,
紅茶が冷めてしまった
I’m wondering why I got out of bed at all
どうして起きてしまったのかしら
The morning rain clouds up my window
朝の雨で窓は曇ってるのに
And I can’t see at all
何にも見えない
And even if I could it’d all be gray
見えたとしても曇り空
But your picture on my wall
でも壁にあなたの写真が飾ってあるから
It reminds me that it’s not bad, it’s not
悪くない、全然悪くないわ

[Verse 4: Eminem]
Dear Stan, I meant to write you sooner, but I just been busy
親愛なるスタンへ、すぐに返事を書きたかったけど、ちょうど忙しかったんだよ
You said your girlfriend’s pregnant now, how far along is she?
彼女が妊娠してるんだって、今何ヵ月目だ?
Look, I’m really flattered you
would call your daughter that
そうか、君の娘にそう名付けてくれたら俺も嬉しいよ
And here’s an autograph for your brother; I wrote it on a Starter cap
それと君の弟にサインしておいた、スターターキャップに書いたよ
I’m sorry I didn’t see you at the show, I must’ve missed you
ショーで君たちに会えなくてごめんな、見逃しちゃったのかもね
Don’t think I did that shit intentionally just to diss you
君たちをディスるためにわざとやったなんて思わないでくれよ
But what’s this shit you said about you like to cut your wrists too?
それにしてもリストカットしたってどういうことだ?
I say that shit just clownin’, dawg, come on, how fucked up is you?
あれは冗談だよ、なんでそんなにイカれてるんだ?
You got some issues, Stan, I think you need some counselin’
どっちにしろお前は問題を抱えてると思う、スタン、カウンセリングを受けてみたらどうだ
To help your ass from bouncin’ off the walls when you get down some
いくら落ち込んだからって、くだらないことはするなよ
And what’s this shit about us meant to be together?
それに俺たちは同じ運命ってどういうことだよ?
That type of shit’ll make me not want us to meet each other
そんなこと言われると会う気も失せるね
I really think you and your girlfriend need each other
俺は君と彼女がお互いに必要としてる関係だと心の底から思ってるよ
Or maybe you just need to treat her better
まずは彼女をもっと大切にすることだな
I hope you get to read this letter, I just hope it reaches you in time before you hurt yourself,
この手紙を君が読んでくれることを願うよ、君が自身を傷つける前に届くといいな
I think that you’ll be doin’ just fine
If you relax a little,
ほんの少しリラックスすれば大丈夫
I’m glad I inspire you, but Stan
俺の曲が君の励みになるのは嬉しいよ、でもな、スタン
Why are you mad?
なんでそんなに怒ってるんだ?
Try to understand that I do want you as a fan
俺がファンに何を望むのかは理解してくれよ
I just don’t want you to do some crazy shit
俺はお前にクレイジーなことをして欲しくないんだ
I seen this one shit on the news a couple weeks ago that made me sick
数週間前にクソみたいなニュースを見て気分が悪くなったばかりでさ
Some dude was drunk and drove his car over a bridge
どこかの野郎が酔っ払い運転で橋を突き破って川に落ちたんだよ
And had his girlfriend in the trunk,
トランクに奴の彼女もいて
and she was pregnant with his kid
最悪なことに彼女は妊娠してたんだ
And in the car they found a tape,
それと車の中からカセットテープが見つかった
but they didn’t say who it was to
でもそれが誰宛までとは言ってなかったな
Come to think about it,
ん、ちょっと待てよ
his name was—it was you
奴の名前は確か・・・お前かよ

Starter:帽子メーカー
dawg:仲間
ass from bouncin’ off the walls:壁を跳ね返すケツ→イカれた、くだらない行動に出ることだと思われます。

[Outro]
Damn…
クソが…

曲名Stan
(スタン)
アーティスト名EMINEM
(エミネム)
収録アルバムThe Marshall Mathers LP
リリース日2000年 1(シングル)
2000年 5月23日(アルバム)

Stan/EMINEM 解説

「Stan」はアメリカのラッパー、エミネムが2000年にリリースしたシングルです。セカンドアルバム『The Marshall Mathers LP』に収録されてます。コーラス部分はイギリスの女性歌手ダイドの「Thank You」をサンプリングしてます。

エミネムの熱狂的ファンであるスタンが、エミネムに送ったファンレターと、エミネムからの返信がそのまま歌詞になっています。スタンはエミネムを愛称のスリムと呼んでいます。

始めは穏やかに始まりますが、エミネムから返信がないことから徐々に苛立ち、最終的には怒りに変わります。しかも自分とエミネムとの関係を妊娠中の彼女が嫉妬したと思い込みます。最終的にスタンは彼女を車のトランクの中に詰め込み、酒を飲んで猛スピードで豪雨を運転する暴挙に出ます。

さらにスタンは車の中で最後のメッセージをテープレターに録音します。そして「どうやってこのテープをスリムに送ればいいんだ?」と気づいた瞬間、車ごと川に転落してしまいます。

最終ヴァースはエミネムから熱狂的ファンに宛てた返信です。エミネムは狂信的で自暴自棄になる男を冷静になるようになだめます。しかしファンレターを送り続けた男がスタンだったことに気づいて曲は終わります。

曲中にはレターを綴る音、雷の音、豪雨の音、彼女の叫び声、運転を誤って急ブレーキする音、そして川へ転落する音が収録されており、臨場感があります。悲惨なストーリーなのですが、ところどころにユーモアが散りばめられており、スタンの叫びに最高潮を迎えます。1曲の中にここまで壮大で強烈なストーリーを盛り込んで、オチまで完璧です。

2001年のグラミー賞授賞式で、ダイドのパートをエルトン・ジョンが担当したライヴは秀逸なので、気になった人はチェックしてみて下さい。