Town Called Malice/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Better stop dreaming of the quiet life
静かな生活を夢見るのは止めた方がいいよ
Cos it’s the one we’ll never know
俺たちには知りようもないんだから
And quit running for that runaway bus
暴走するバスに乗り込むのも止めよう
‘Cos those rosey days are few
And…
バラ色の日々なんてわずかしかないよ
Stop apologising for the things you’ve never done
やってもいないことで謝るのも止めよう
‘Cos is short and life is cruel
時間は短くて人生は残酷だからね
But it’s up to to change
This town called Malice
でもこの悪意と呼ばれる街も変えることは出来るんだよ

Malice:悪意、敵意、恨み

[Verse 2]
Rows and rows of disused milk floats
使われなくなった牛乳配達の車が何台も
Stand dying in the dairy yard
酪農場で死んでるかのように並んでる
And a hundred housewives
100人の孤独な主婦が
Clutch empty milk bottles to their hearts
空の牛乳瓶を胸に抱いて
Hanging out their old love letters on the line to dry
古くなったラブレターを外に吊るして乾かしてる
It’s enough to make you stop believing
信仰を止めさせるにはこれで十分さ
When tears come fast and furious
In a town called Malice
悪意と呼ばれる街で涙がとめどなく溢れ出す時はね
Ye-eh-eah

milk floats:牛乳配達用の自動車。かつては馬車でやってました。

[Verse 3]
Struggle after struggle, year after year
何年間ももがき苦しんで
The atmosphere’s a fine blend of ice
大気は氷のように澄んでいる
I’m almost stone cold dead
In a town called Malice
俺は悪意と呼ばれる街で石のように死んでる模様
Uhuh-yeah

[Bridge]
A whole street’s belief in Sunday’s roast beef
日曜日のローストビーフを信じて疑わなかったのに
Gets dashed against the Co-op
生協の前に打ち砕かれ
To either cut down on beer or the kids’ new gear
ビールか子供服のどちらかをカットしなきゃならない
It’s a big decision in a town called Malice
悪意と呼ばれる街での大きな決断さ
Uhuh-yeah

[Verse 4]
The ghost of a steam train echoes down my track
蒸気機関車の亡霊が俺の行く先に響き渡ってる
It’s at the moment bound for nowhere
それは何処に向かうでもなく
Just going ‘round and ‘round, oh
ただただぐるぐる回ってる
Playground kids and creaking swings
遊び場の子供と軋むブランコ
Lost laughter in the breeze
そよ風に消えてく笑い声
I could go on for hours and I probably will
何時間でも続けられるし、俺ならそうするね
But I’d sooner put some joy back
In this town called Malice, ye-eh-eah (uhuhuh)
でも俺は悪意と呼ばれる街で喜びを取り戻していくことにするよ
In this town called Malice, ye-eh-eah
悪意と呼ばれる街で
In this town called Malice, uhuh-yeah
悪意と呼ばれる街で

曲名Town Called Malice
(邦題:悪意という名の町)
アーティスト名
(ザ・ジャム)
収録アルバム
リリース日1982年 (シングル)
(アルバム)

Town Called Malice/ 解説

「Town Called Malice」はイギリスのロックバンド、ザ・ジャムが1982年に発表した楽曲です。この曲を収録したアルバム『』は彼らのラストアルバムにして初の全英チャート1位を獲得してます。

ジャムは後期になるに従って幅が広がり、どんどん素晴らしいバンドになっていきました。ポップはジャムのためにある言葉かもしれません。

ポール・ウェラーのザ・ジャム→スタイル・カウンシル→ソロの流れは音楽性から見ても美しいです。私は1度、フジロックでポール・ウェラーのライヴを観たことがありますが、一言で “アグレッシヴ” でした。この曲はラストナンバーで盛り上がりましたね。