Audition (The Fools Who Dream)/ 歌詞和訳と意味

[Intro: Mia, spoken]
My aunt used to live in Paris.
私のおばはかつてパリに住んでました
I remember, she used to come home and tell these about being abroad
彼女が故郷に戻った時はパリでの出来事をたくさん話してくれました
And I remember she told that she jumped into the river once, barefoot
中でも私が印象に残ってるのは川へ裸足で飛び込んだ話です

She smiled…
笑顔を浮かべながら

barefoot:裸足

[Verse 1: Mia, sung]
Leapt, without looking
飛んだ、下も見ないで
And tumbled into the Seine
セーヌ川に転がり落ちてった
The water was freezing
水は凍りつくほど冷たく
She spent a month sneezing
おばは一ヵ月もくしゃみをして過ごした
But said she would do it again
にもかかわらず彼女はもう一度飛び込むと言った

Seine:セーヌ川

[Chorus 1]
Here’s to the ones who dream
夢を見てる人に乾杯
Foolish as they may seem
たとえ愚かに見えたとしても
Here’s to the hearts that ache
傷ついた心に乾杯
Here’s to the mess make
厄介な私たちに乾杯

[Verse 2]
She captured a feeling
彼女は気持ちを察してくれた
Sky with no ceiling
無限に広がる空
The sunset inside a frame
フレームにおさめられた夕日

She lived in her liquor
彼女はお酒を飲みすぎて
And died with a flicker
衰弱して死んだけど
I’ll always remember the flame
私は彼女の情熱を決して忘れない

[Chorus 1]
Here’s to the ones who dream
夢を見てる人に乾杯
Foolish as they may seem
たとえ愚かに見えたとしても
Here’s to the hearts that ache
傷ついた心に乾杯
Here’s to the mess make
厄介な私たちに乾杯

[Bridge]
She told me:
彼女は私に言った
“A bit of madness is key
ほんの少しの狂気が大切
To give new colors to see
新しい色を見せてくれるの
Who knows where it will lead us?
明日の私たちがどうなってるかなんて分からないでしょ?
And that’s why they need us”
だから夢を見てる人が必要なのよ

bring on the rebels
ここで反乱軍が登場して
The ripples from pebbles
小石がたくさん襲ってくる
The painters, and poets, and plays
画家に詩人に役者にね

[Chorus 2]
And here’s to the fools who dream
夢を見てる愚か者に乾杯
Crazy as they may seem
たとえクレイジーに見えたとしても
Here’s to the hearts that break
壊れた心に乾杯
Here’s to the mess make
厄介な私たちに乾杯

[Outro]
I trace it all back to then
あの頃を振り返ると
Her, and the snow, and the Seine
おばと雪とセーヌ川
Smiling through it
笑顔でやり遂げ
She said she’d do it again
彼女はもう一度飛び込むと言った

曲名Audition (The Fools Who Dream)
(オーディション ザ・フールズ・フー・ドリーム)
アーティスト名
(エマ・ストーン)
収録アルバムLa La Land :Soundtrack
リリース日2016年 (アルバム)

Audition (The Fools Who Dream)/ 解説

女優のエマ・ストーンが歌う「Audition (The Fools Who Dream)」は2016年に公開されたアメリカのミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』の劇中挿入歌です。

『ラ・ラ・ランド』のサウンドトラックは全米2位、全英1位、日本のオリコンチャートでも4位になるほどの大ヒットでした。

映画の中でも重要な場面で歌われる「Audition」は夢を見る人の美しさと残酷さが描かれ、映画のクライマックスを盛り上げます。粗削りですが、エマ・ストーンの歌も気持ちが込められてて素晴らしいです。