Blue Monday/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
How does it feel
To treat me like you do?
僕にひどい仕打ちをしてどんな気分だ?
When you’ve laid your hands upon me
君が僕の肩に手を置いてくれたら
And told me who you are?
君が何者であるか教えてくれるのかい?
I thought I was mistaken
何かの間違いなんだろ
I thought I heard your words
君の本心を理解してたつもりだったのに
Tell me how do I feel?
今すぐ教えてくれよ
Tell me now, how do I feel?
僕はどんな気持ちなんだよ?
Those who came before me
先人たちは
Lived through their vocations
使命感を持って生き抜いてきたんだ
From the past until completion
大昔から完成の日を目指してね
They’ll turn away no more
彼らはこれ以上目を背けないだろうね
And still, I find it hard
だからといって僕にはまだまだ難しいし
To say what I need to say
何を言っていいか分からないけど
But, I’m quite sure that you’ll tell me
それでも君は僕に教えるべきだよ
Just how I should feel today
今日をどんな気分で過ごせばいいかをね

[Verse 2]
I see a ship in the harbour
港に停留する船を見て
I can and shall obey
僕は導くことができるし、導くべきなんだ
But, if it wasn’t for your misfortune
君との出会いがなければ
I’d be a heavenly person today
僕は今頃、幸福な人間だろうね
And I thought I was mistaken
何かの間違いなんだろ
And I thought I heard you speak
君の話を理解したつもりだったのに
Tell me, how do I feel?
今すぐ教えてくれよ
Tell me now, how should I feel?
僕はどんな気持ちなんだよ?
Now I stand here waiting
僕はここで君を待ってるよ

[Verse 3]
I thought I told you to leave me
僕を置いて去るように君に言いつけたことにするよ
While I walked down to the beach
僕がビーチを歩いている間にね
Tell me how does it feel
When your heart grows cold?
君の心臓が冷たくなっていく時の気持ちを教えてくれよ
(Grows cold, grows cold, grows cold, grows cold)
(冷たくなって)

曲名Blue Monday
(ブルー・マンデー)
アーティスト名
(ニュー・オーダー)
収録アルバム未収録
リリース日1983年 (シングル)

Blue Monday/ 解説

「ブルー・マンデー」はイギリスのニューウェーヴバンドであるニュー・オーダーが1983年にリリースしたシングルです。ダッダッダダダダダダダダダッダッダッダッのキックが印象的ですね。

ニュー・オーダーの前身バンド、ジョイ・ディヴィジョンのイアン・カーティスが日曜日に自殺し、翌日の月曜日にそれを知ったメンバーの心境が綴られてます。タイトルの “憂鬱な月曜日” そのままなのです。突然この世を去ったイアンに呼びかけながらも、残されたメンバーの気持ちが伝わってくる素晴らしい歌詞です。

ブルー・マンデーは電気グルーヴの石野卓球がピエール瀧と出会った日に聴かせた曲としても知られてます。卓球は最初にブルー・マンデーを聴いた時、イントロのキックで鳥肌が立ち未だに消えてません。心の鳥肌ですが…