Handclapは、男遊びの激しい女性を口説こうとする男性の曲だと思われます。曲中に出てくる表現にはかなりセクシーなものも含まれます。作曲したfitzpatrickは下記のように語っています。

“It’s sexual, it’s about desire. It’s that late night, doing bad things and the walk of shame in the morning. But it’s also sort of embodied with this touch of melancholy, your sadness or loneliness and wanting to feel you have that connection with somebody. You go out looking for that connection and sometimes it can take you down a dark road.”

この曲はセクシャルな曲で、欲望についての曲だ。夜遅くに悪いこと(=一夜だけの肉体関係)をして、朝にwalk of shame(=いわゆる朝帰り。昨晩と同じ服を着て帰ること)をすることを歌ったんだ。でもこの曲は、悲しみや寂しさみたいな憂鬱な気持ち、誰かとの「繋がり」を感じたいという気持ちも表現している。誰だって「繋がり」を探しに出かけて、時には悪い道に進んじゃうこともあるよね。
…英語部分はこちらより引用

今回はそんなFitz and The Tantrums(フィッツ & ザ・タントラムズ)、「HandClap(ハンドクラップ)」の和訳を紹介します。

「HandClap」歌詞の意味と和訳

Turn it up

音量上げな

Somebody save your soul ‘cause
You’ve been sinnin’ in this city, I know
Too many troubles
All these lovers got you losing control
You’re like a drug to me
A luxury, my sugar and gold
I want the good life, every good night
You’re a hard one to hold

君はこの街で罪を犯してきたから
君を守ってくれる人が必要だ
君は問題を起こしすぎなんだよ
今までの恋人じゃ満足できずにいた
俺にとっちゃ君はまるでドラッグで
砂糖や金のように贅沢な存在
俺は毎晩楽しみたいんだけど
君を引き止めとくのは大変だよ

‘Cause you don’t even know
I can make your hands clap
Said I can make your hands clap

俺だってやればできるって
君は知りもしないだろ
そうさ 俺を甘く見るなよ

Somebody save your soul ‘cause
You’ve been sinning in this city, I know
Too many troubles
All these lovers got you losing control
You’re like a drug to me
A luxury, my sugar and gold
I want your sex and your affection
When they’re holdin’ you close

君はこの街で罪を犯してきたから
君を守ってくれる人が必要だ
君は問題を起こしすぎなんだよ
今までの恋人じゃ満足できずにいた
俺にとっちゃ君はまるでドラッグで
砂糖や金のように贅沢な存在
愛してくれ 抱かせてくれよ
あいつらに抱かれるんじゃなくてさ

‘Cause you don’t even know
I can make your hands clap
Said I can make your hands clap

俺だってやればできるって
君は知りもしないだろ
そうさ 俺を甘く見るなよ

Every night when the stars come out
Am I the only living soul around?
Need to believe you could hold me down
‘Cause I’m in need of somethin’ good right now
We could be screamin’ ‘til the sun comes out
And when we wake we’d be the only sound
I get on my knees and say a prayer: James Brown
That I can make your hands clap

毎晩 空に星が見える夜に
生きてる魂は俺だけなのか?
君が俺をどうにかできると信じてる
だってさっさと楽しみたいからさ
日が昇るまで二人で騒ごうぜ
そして皆寝静まった頃に目を覚まそう
膝をついてJames Brownに祈るんだ
君から拍手がもらえるようにね

James Brown:有名なファンクシンガー。彼の有名曲のタイトルが「Sex Machine」なので、セックスで彼女を満足させる(=make your hands clap)ことができるよう祈っている訳ですね。

That I can make your hands clap
Turn it up
That I can make your hands clap

君から拍手がもらえるようにね
音量上げてくれ
君から拍手がもらえるようにね

My flesh is searchin’ for your worst and best
Don’t ever deny
I’m like a stranger, gimme danger
All your wrong and your right
Secrets on Broadway to the freeway
You’re a keeper of crimes
Fear no conviction, grapes of wrath
Can only sweeten your wine

俺の体は君の良いところも悪いところも
知りたがってる 否定しないさ
俺は変わってる 危険に晒してくれ
正しい所も間違ってる所も全部教えてよ
ブロードウェイからフリーウェイへ
君は罪を隠しつづけてる
その罪で有罪になるのを怖がるな
怒りの葡萄はワインを甘くするだけさ

grapese of wrath:ジョン・スタインベックの小説「怒りの葡萄」のことです。
ここでいう罪は、街でyouが起こしてきた犯罪のことを指しています。どんな罪かは説明されていないですが、おそらく今までの恋人を困らせてきた罪のことだと思います。

But you don’t even know
I can make your hands clap
Said I can make your hands clap

でも君は知りもしないんだ
君に拍手させるくらい訳ないぜ
そうさ 俺を甘く見るなよ

Every night when the stars come out
Am I the only living soul around?
Need to believe you could hold me down
‘Cause I’m in need of somethin’ good right now
We could be screamin’ ‘til the sun comes out
And when we wake we’d be the only sound
I get on my knees and say a prayer: James Brown
That I can make your hands clap

毎晩 空に星が見える夜に
生きてる魂は俺だけなのか?
君が俺をどうにかできると信じてる
だってさっさと楽しみたいからさ
日が昇るまで二人で騒ごうぜ
そして皆寝静まった頃に目を覚まそう
膝をついてJames Brownに祈るんだ
君から拍手がもらえるようにね

That I can make your hands clap
That I can make your hands clap
That I can make your hands clap
So can I get a handclap?

君から拍手がもらえるようにね
君から拍手がもらえるようにね
君から拍手がもらえるようにね
だから拍手してくれないか?

英語歌詞は「HandClap(ハンドクラップ)」 – Fitz and The Tantrums(フィッツ & ザ・タントラムズ)より引用

記事作成にあたり参考にさせていただいたサイト: Songfacts, 英語版Wikipedia