High Hopes/Panic! at the Disco(2018)

High Hopes(ハイ・ホープス)は、イギリスのロックバンドであるPanic! at the Disco(パニック!アット・ザ・ディスコ)が2018年にリリースした曲。アルバム『Pray for the Wicked』収録。今回はこの曲の歌詞を和訳していきます。

High Hopes/Panic! at the Disco 歌詞和訳と意味

“Had to have high, high hopes for a living”
生きるために高い望みを掲げなきゃいけなかった
“Shooting for the stars when I couldn’t make a killing”
上手くいかなくても 理想を追いかけてた
“Didn’t have a dime but I always had a vision”
金なんかなかったけどいつも夢を抱いてた
“Always had high, high hopes”
いつだって高い望みを抱いてた
“Had to have high, high hopes for a living”
生きるために高い望みを掲げなきゃいけなかった
“Didn’t know how but I always had a feeling”
どうすればいいかはわからなくても感じてたんだ
“I was gonna be that one in a million”
俺は絶対に成功するんだってことを
“Always had high, high hopes”
いつだって高い望みを抱いてた

“Mama said, fulfill the prophecy”
ママが言った「予言を実現させなさい
“Be something greater”
何かで偉大な人物になって
“Go make a legacy”
後世に受け継いでいくのよ」って
“Manifest destiny, back in the days”
その当時は『約束された運命』のように
“We wanted everything, wanted everything”
俺達は全てを求めた ただひたすらに

“Mama said, burn your biographies”
ママが言った「過去なんて捨て去って
“Rewrite your history”
また書き直せばいいの
“Light up your wildest dreams”
心に野望を燃やしなさい」
“Museum victories, every day”
美術館の絵画のような勝利を日々重ねて
“We wanted everything, wanted everything”
俺達は全てを求めた ただひたすらに

“Mama said don’t give up, it’s a little complicated”
ママが言った「諦めちゃダメ 少し難しいだけの話よ
“All tied up, no more love and I’d hate to see you waiting”
行きづまり 愛を失い くすぶってる姿は見たくないわ」

“Had to have high, high hopes for a living”
生きるために高い望みを掲げなきゃいけなかった
“Shooting for the stars when I couldn’t make a killing”
上手くいかなくても 理想を追いかけてた
“Didn’t have a dime but I always had a vision”
金なんかなかったけどいつも夢を抱いてた
“Always had high, high hopes”
いつだって高い望みを抱いてた
“Had to have high, high hopes for a living”
生きるために高い望みを掲げなきゃいけなかった
“Didn’t know how but I always had a feeling”
どうすればいいかはわからなくても感じてたんだ
“I was gonna be that one in a million”
俺は絶対に成功するんだってことを
“Always had high, high hopes”
いつだって高い望みを抱いてた

“Mama said, it’s uphill for oddities”
「普通じゃない人にとっては人生は試練なの
“The stranger crusaders ain’t ever wannabes”
でも本当の戦士は必ず試練を乗り越えるわ」
“The weird and the novelties don’t ever change”
変人や斬新な人はいつだって変わらずに
“We wanted everything, wanted everything”
全てを求めたんだ ただひたすらに

“Stay up on that rise”
そのまま昇り続けろ
“Stay up on that rise and never come down, oh”
そのまま昇り続けろ 絶対に降りるな
“Stay up on that rise”
そのまま昇り続けろ
“Stay up on that rise and never come down, oh”
そのまま昇り続けろ 絶対に降りるな

“Mama said don’t give up, it’s a little complicated”
ママが言った「諦めちゃダメ 少し難しいだけの話よ
“All tied up, no more love and I’d hate to see you waiting”
行きづまり 愛を失い くすぶってる姿は見たくないわ」
“They say it’s all been done, but they haven’t seen the best of me”
やり尽くしたという奴もいる でも俺のベストはまだ見せてない
“So I got one more run and it’s gonna be a sight to see”
だからあと一度だけ走ろう これが俺の最大の見せ場だ

“Had to have high, high hopes for a living”
生きるために高い望みを掲げなきゃいけなかった
“Shooting for the stars when I couldn’t make a killing”
上手くいかなくても 理想を追いかけてた
“Didn’t have a dime but I always had a vision”
金なんかなかったけどいつも夢を抱いてた
“Always had high, high hopes”
いつだって高い望みを抱いてた
“Had to have high, high hopes for a living”
生きるために高い望みを掲げなきゃいけなかった
“Didn’t know how but I always had a feeling”
どうすればいいかはわからなくても感じてたんだ
“I was gonna be that one in a million”
俺は絶対に成功するんだってことを
“Always had high, high hopes”
いつだって高い望みを抱いてた

“Had to have high, high hopes for a living”
生きるために高い望みを掲げなきゃいけなかった
“Shooting for the stars when I couldn’t make a killing”
上手くいかなくても 理想を追いかけてた
“Didn’t have a dime but I always had a vision”
金なんかなかったけどいつも夢を抱いてた
“Always had high, high hopes”
いつだって高い望みを抱いてた
“Had to have high, high hopes for a living”
生きるために高い望みを掲げなきゃいけなかった
“Didn’t know how but I always had a feeling”
どうすればいいかはわからなくても感じてたんだ
“I was gonna be that one in a million”
俺は絶対に成功するんだってことを
“Always had high, high hopes”
いつだって高い望みを抱いてた

英語歌詞は「High Hopes(ハイ・ホープス)」 – Panic! at the Disco(パニック!アット・ザ・ディスコ)より引用

High Hopes/Panic! at the Disco 解説

ブレンドンがパニック!アット・ザ・ディスコというバンドで成功するまでには、様々な紆余曲折がありました。初期の頃は経済面で困窮。レコーディングにプロミュージシャンを雇えず中学生に参加してもらったこともありましたし、ブレンドンを除くメンバーが全員バンドを脱退したこともあります。

High Hopesは、そんな苦境の中でも目標を高く掲げ、自分を疑わず努力し続けてきたブレンドン・ユーリー自身の思いを歌った曲です。ブレンドンはHigh Hopesについてこう語っています。

“I wanted to talk about my childhood and having this dream as a kid. Making a cardboard cutout of a guitar and standing front of the mirror, dreaming of being on stage. Now it’s come to fruition, and that is what is about.”

『子供だった頃、そしてその時に抱いていた夢の事を歌いたかったんだ。段ボールをギターの形に切り取って、鏡の前に立って、ライヴするのを夢見てた。今はその夢が叶ったわけだけど、それを歌った(のがHigh Hopesな)んだ。』

ブレンドンの育った家庭が信仰していたのは、厳しい戒律で有名なモルモン教。そんな中で音楽の成功を夢見ることは、彼にとって非常に勇気がいったでしょう。実際、両親にはかなりの反発をくらっていたようです(今は和解)。High Hopesはそんな背景も踏まえると、非常に感慨深く感じる曲です。

ちなみにMVのビルの壁を垂直に登っていくシーンですが、CGではなくガチで昇っています(もちろんクライミングハーネス付き)。今はCGで何でも出来ますが、撮影への恐ろしい執念を感じますね。