i​ hate u, i love u/gnash 歌詞和訳と意味

[Verse 1: Olivia O’Brien]
利用されたみたいな気がするわ、でも
まだあなたを恋しく思うの、ずっと
終わる気がしないわ
ただ唇に触れるあなたのキスを感じたいの
こんなに時間が経ったのに
まだあなたに言える気がしないわ
あなたを見る度心が痛む理由を
私がどれだけあなたを必要としてるか気づいて欲しいの

利用されたように感じながらも相手を恋しく思い、その悲しみに終わりを見出せないでいる別れの辛さを描いています。

[Chorus: Olivia O’Brien]
大っ嫌いよ、愛してるわ
愛してるってことが許せないの
嫌だけど、でも
あなたを超える人なんていないわ
大っ嫌いよ、でも愛してるわ
必要としてるってことが許せないの
あなたが欲して、必要としている人には
私は絶対になれないのよ

傷ついても別れた相手への未練を断ち切れずにいる想いを歌っています。

[Verse 2: gnash]
眠れない時は君を思い出すよ
コーヒーを飲んだ時や食欲のない時もね
助手席に座る君が懐かしい
まだセーターに砂がついてるんだ
覚えてもないあの夜についた砂だよ
君も僕と同じように恋しく思ってくれているんだろうか?
遊び呆けてた僕が君には本気になった
君を傷つけるのは友達だって一緒さ
僕はいつも疲れてるけど、君には飽きなかったな
僕が君を引っ張ったって、君は嫌がるだろう
この釣り糸を放ったって、食いついてはくれないだろう
メッセージを打ってみるけど、やっぱり気にしないでって言うしかないんだ
僕はこんなに未練があるのに、君は気にも留めないんだろう
ああ、秘密にしてればいいさ
君はまだ僕を好いてるんだろう、君の友達は知らないようだけど
僕が欲しいなら、そう言うはずなのに
僕が君なら、僕を手放したりしないのに

朝起きて、コーヒーを飲み、車で出かけるという毎日のルーティーンの中で元恋人(或いは友人の域を超えられずに関係が破綻した相手とも取れます)を思い出してしまう様子が描かれているようです。一緒にビーチではしゃいだ痕跡を未練と共に思い出し、釣りの喩えとともに引き寄せられない相手への思いを綴っています。 メッセージを送っても撤回してしまったり、友達に自分たちの関係について本音を言わない相手にイライラしたり、別れを経験した誰もが心当たりのあるような経験をリアルに描いています。

[Chorus: Olivia O’Brien]
大っ嫌いよ、愛してるわ
愛してるってことが許せないの
嫌だけど、でも
あなたを超える人なんていないわ
大っ嫌いよ、でも愛してるわ
必要としてるってことが許せないの
あなたが欲して、必要としている人には
私は絶対になれないのよ

[Verse 3: gnash]
悪気はないんだ、ただ君をまた腕の中に抱きたいだけなんだ
ウェディング・ベルもただの警鐘だ
危険と書いたテープを心にぐるりと巻いて
僕たちにあったかもしれない未来を考えたことはあるかい?
しないって言ったこともやったよね
僕に嘘をついて、僕と嘘をついて、いい加減にしてくれないか
もうアルコールも気持ちもぐちゃぐちゃなんだ
恋しく思ってはいけない人をいつも思ってる
時には距離を保つために戻る道を断つことも必要だな
自分で思考をコントロールして、もう思い出すのはやめなきゃってわかってるんだ
でも父さんが教えてくれた、感情をもつことは良いことなんだって
愛も信頼もなくなったとき
これが前に進むってことなんだろう
大事にした人にはいつも裏切られる
だから独りの夜はいつも、この歌を歌うんだ

ウェディング・ベルが聞こえるような恋の高揚感が警鐘に変わっていく様子を歌っています。 愛と信頼という、健全な関係に必要な根幹をなすものがなくなったとき、真に関係を断ち切り前に進む苦しさと孤独を綴っています。

[Chorus: Olivia O’Brien with gnash]
大っ嫌いよ、愛してるわ
愛してるってことが許せないの
嫌だけど、でも
あなたを超える人なんていないわ
大っ嫌いよ、でも愛してるわ
必要としてるってことが許せないの
あなたが欲して、必要としている人には
私は絶対になれないのよ

相手が理想とする人に自分はなれないという悲しい心を綴っています。

[Bridge: Olivia O’Brien with gnash]
たった一人で、彼女を見つめるあなたを見つめてる
まるで彼女が生まれて初めて見た女の子みたいな視線で
気にしてくれないのね、気にしてくれたことなんかないもの
私のことなんかどうでもいいのね
たった一人で、彼女を見つめるあなたを見つめてる
まるで彼女しか見えないみたいな視線で
どうしてあなたは気づかないの?
私はゆっくり死んでいくみたいな気分だわ

相手が理想とする人に自分はなれないという悲しい心を綴っています。

[Chorus: Olivia O’Brien]
大っ嫌いよ、愛してるわ
愛してるってことが許せないの
嫌だけど、でも
あなたを超える人なんていないわ
大っ嫌いよ、でも愛してるわ
必要としてるってことが許せないの
あなたが欲して、必要としている人には
私は絶対になれないのよ

相手が理想とする人に自分はなれないという悲しい心を綴っています。
曲名i hate u, i love u
(アイ・ヘイト・ユー、アイ・ラブ・ユー)
アーティスト名gnash
(ナッシュ)
収録アルバムus
リリース日2016年2月17日

Amazon Music Unlimitedについて

音楽配信サービスはたくさん種類がありますが、サイト管理人は「Amazon Music Unlimited」を使っています。

・楽曲数が最大(6500万曲):世界No.1のラインナップ。超マイナーでも見つかる
・月額コストが低い:月額780円と他の音楽配信サービスと比較して超低価格
・Alexa対応:音声操作で好きな時に手軽に聴ける
・ダウンロード機能有:ダウンロードしておけばオフライン時でも聴ける
・おすすめ・プレイリスト充実:まだ知らない良曲にきっと出会える

正直、他の音楽配信サービスより群を抜いてお得です。まだ音楽配信サービスを使ったことがない方も、他の音楽配信サービスを利用中の方も、Amazon Music Unlimitedを使ってみてください。きっとヘビーユーザーになるはずです。