Like A Virgin/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
I made it through the wilderness
困難な日々を乗り越えて来た
Somehow I made it through
私なりにどうにか
Didn’t know how lost I was until I found you
あなたに会うまではずっと迷走してた
I was beat, incomplete
私は疲れ切ってたし、とても未熟だった
I’d been had, I was sad and blue,
悲しくてブルーな日々だったわ
but you made me feel
でもあなたのおかげ
Yeah, you made me feel shiny and new
あなたが私に新たな光を与えてくれた

[Chorus]

ヴァージンのよう
Touched for the very first
初めて触れられた時みたい

ヴァージンのよう
When your heart beats next to mine
あなたと私の鼓動が寄り添っている

[Verse 2]
Gonna give you all my love, boy
胸いっぱいの愛をあなたに捧げる
My fear is fading fast
何も怖くなんかない
Been saving it all for you, ‘cause only love can last
あなたに捧げたこの愛は永遠に続く
You’re fine and you’re mine
あなたはとても素敵で私のもの
Make me strong, yeah you make me bold
私を強く、そして大胆にしてくれた
Oh your love thawed out
あなたの愛が私の心を溶かしてくれた
Yeah, your love thawed out what was scared and cold
怖くて冷たくなった私の心を溶かした

[Chorus]
Like a virgin (Hey)
ヴァージンのよう
Touched for the very first
初めて触れられた時みたい

ヴァージンのよう
With your heartbeat next to mine
あなたと私の鼓動が重なり合っている

[Verse 3]
You’re fine and you’re mine
あなたはとても素敵で私のもの
I’ll be yours ‘til the end of
私は世界が終わる瞬間まであなたのもの
‘cause you made me feel
あなたのおかげよ
Yeah, you made me feel I’ve nothing to hide
あなたに隠し事なんて何もない

[Chorus]
Like a virgin (Hey)
ヴァージンのよう
Touched for the very first
初めて触れられた時みたい

ヴァージンのよう
With your heartbeat next to mine
あなたと私の鼓動が重なり合っている

[Outro]

ヴァージンのよう
Ooh-ooh,
ヴァージンのようだわ
Feels good inside
とっても幸せ
When you hold me
あなたに抱かれると
And your heart beats, and you love me
あなたの胸の鼓動と愛を感じる
Oh-ooh oh-oh-oh, ooh-ooh, ooh
Ooh baby, yeah
Can’t you hear my heart beat for the very first time?
私の胸の鼓動は初めての時みたいじゃない?

曲名
(ライク・ア・ヴァージン)
アーティスト名
(マドンナ)
収録アルバム
リリース日 1(シングル)
1984年 (アルバム)

Like A Virgin/ 解説

」は刺激的なタイトルなので誤解されがちですが、マドンナがヴァージンかどうかの問題ではありません。

大学を中退し、35ドルを手にニューヨークへ単身乗り込み、ヌードモデルなどをして生計を立てるなどの苦労を乗り越えたマドンナの現在の心境(ヴァージンのような新鮮な気持ち)を歌っています。

当時マドンナ26歳、1978年にニューヨークに渡って苦節6年、ようやく手応えをつかんだのでしょう。

」はマドンナが書いた曲ではなく、ビリー・スタインバーグ(作詞)とトム・ケリー(作曲)の作品です。このコンビは他にもTrue Colors(シンディ・ローパー)、Eternal Flame(ザ・バングルス)、I’ll Stand by You(ザ・プリテンダーズ)などを手掛けたヒットメーカーでもあります

マドンナのために書いた曲ではありませんが、彼女がポップスターに昇り詰める起爆剤としては最高の楽曲でした。

プロデュースはナイル・ロジャース。80年代の音楽シーンを代表する名プロデューサーとして名高い存在です。2013年のダフト・パンク「ゲット・ラッキー」にギター参加したのも話題でしたね。

マドンナはこの曲で世に出てきた印象が強いですが、前作のデビューアルバム「(バーニング・アップ)」ですでに1000万枚を売り上げる大成功を収めています。

セカンドアルバムが出世作として印象が強いのは美しいタイトル、ヴェニスで撮影した妖艶なMV、キャッチーなサウンド、キュートな歌い方によって、その後のセックスシンボルと称されたイメージを決定づけたからでしょう。