/ 歌詞和訳と意味

[Intro]
If you’ve got love in your sights
もし愛を手にしたなら
Watch out
気をつけろ

愛は嚙みつく

:メンバーによればキスマークの意味もあるそうです

[Verse 1]
When you make love, do you look in the mirror?
メイクラヴの時は鏡を見てするのか?
Who do you think of, does he look like me?
誰のことを想像してるんだ、その男は俺に似てる?
Do you tell lies? And say that it’s forever
君は嘘つきだね?そんなのずっと続くとでも
Do you think twice, or just touch and see?
考え直す?それとも触ってみる?
Ooh, babe
ベイビー
Oh, yeah
When you’re alone, do you let go?
ひとりでいってしまうのか?
Are you wild and willing
君は本当にワイルドで積極的な女だね
Or is it just for show?
俺にも見せてくれる?
Ooh, come on
カモン

このメイクラヴはマスターベーションを意味してるそうです

[Pre-Chorus]
I don’t want to touch you too much, baby
あんまり触れ合わないようにしてるんだ
‘Cause making love to you might drive me crazy
君とのメイクラヴは気が狂いそうになるからさ
I know you think that love is the way you make it
愛はそういうものだって思ってるかもしれないけど
I don’t want to be there when you decide to break it
君には決められたくないね
No
ダメだ

[Chorus]
Love bites, love bleeds
愛は嚙みつき、愛は血を流す
It’s bringing me to my knees
俺を服従させる
Love lives, love dies
愛は生きる、愛は死ぬ
It’s no surprise
驚きなんかじゃない
Love begs, love pleads
愛は願う、愛は言い訳する
It’s what I need
俺には必要なことさ

[Verse 2]
When I’m with you, are you somewhere else?
一緒にいても、心ここにあらずだね?
I getting through or do you please yourself?
気持ちは通じ合ってる?それとも自分で自分を悦ばせてるだけ?
When you wake up, will you walk out?
朝になったら出ていくのかい?
It can’t be love if you throw it about
Ooh, babe
そんな投げやりに過ごすならそれは愛とは呼べないよ

[Pre-Chorus]
I don’t want to touch you too much, baby
あんまり触れ合わないようにしてるんだ
‘Cause making love to you might drive me crazy
君とのメイクラヴは気が狂いそうになるからね

[Chorus]
Love bites, love bleeds
愛は嚙みつき、愛は血を流す
It’s bringing me to my knees
俺を服従させる
Love lives, love dies
愛は生きる、愛は死ぬ
It’s no surprise
驚きなんかじゃない
Love begs, love pleads
愛は願う、愛は言い訳する
It’s what I need
俺には必要なことさ

[Pre-Chorus]
I don’t want to touch you too much, baby
あんまり触れ合わないようにしてるんだ
‘Cause making love to you might drive me crazy
君とのメイクラヴは気が狂いそうになるからさ
I know you think that love is the way you make it
愛はそういうものだって思ってるかもしれないけど
I don’t want to be there when you decide to break it
君には決められたくないね
No
ダメだ

[Chorus]
Love bites, love bleeds
愛は嚙みつき、愛は血を流す
It’s bringing me to my knees
俺を服従させる
Love lives, love dies…
愛は生きる、愛は死ぬ
Love bites, love bleeds
愛は嚙みつき、愛は血を流す
It’s bringing me to my knees
俺を服従させる
Love lives, love dies
愛は生きる、愛は死ぬ
It’s no surprise
驚きなんかじゃない
Love begs, love pleads
愛は願う、愛は言い訳する
It’s what I need
俺には必要なことさ

[Outro]
If you’ve got love in your sights
もし愛を手にしたなら
Watch out
気をつけろ

愛は嚙みつく

曲名
(ラヴ・バイツ)
アーティスト名
(デフ・レパード)
収録アルバム
リリース日 7月(シングル)
1987年 (アルバム)

/ 解説

」はイギリスのロックバンド、デフ・レパードが1987年に発表した楽曲です。バンド唯一の全米チャート1位を獲得したパワーバラードです。古田新太のオールナイトニッポンのエンディングで使われてました。

ロック史に残る傑作『ヒステリア』に収録されてます。レコーディングに相当の時間とお金を費やしたアルバムとしても知られてます。

変態的な歌詞とタメの効いたサウンドはいかにも80年代で、エイティーズの風を感じます。タイトルのLove Bites(愛は噛みつく)は、愛することの難しさ、愛に夢中になりすぎる、かみついて愛情を示す、キスマークの意味があるそうです。全編マスターベーションの曲でも正解です。

、ドラムのリック・アレンは交通事故を起こし、左腕を全て切断することになりました。しかしバンドにメンバーチェンジの選択肢はありませんでした。このバンド最大のピンチを両足と右腕で叩けるカスタマイズドラムで乗り切ったのです。