Love in the First Degree/ 歌詞和訳と意味

[Verse]
Last night I was dreaming
昨夜は夢を見たの
I was locked in a prison cell
私は牢屋の中に閉じ込められて
When I woke up I was screaming
起きた私は叫び声を上げて
Calling out your name
あなたの名前を呼ぶの

[Pre-Chorus]
And the judge and the jury
そして裁判官と陪審員が
They all put the blame on me
無実の私に罪を着せるのよ
They wanna tell from my story
私の言い分も聞かないし
They want to hear my plea
弁解の余地もないの

[Chorus]
Only you can set me free
自由に出来るのはあなただけ
‘Cause I’m guilty, guilty as a can be
だって私は有罪よ 女の子として一番重い罪なの
Come on baby, can’t you see
ねえ あなたにはわからない?
I stand accused, of love in the first degree
第一級恋愛罪で訴えられているの
Guilty of love in the first degree
第一級恋愛罪よ

[Verse]
Someday I’m believing
いつか来るって信じてる
You will come to my rescue
あなたが助けに来るって
Unchain my heart, you’ll keep him
私の心の鎖を解いたあなたと
Let me start a new
新しい恋を始めるの

The hours passed slowly
時が経つのはゆっくりね
Since they’ve thrown away the key
彼らがカギを投げ捨てちゃったもの
Can’t you see that I’m
孤独だってわかってよ
Won’t you help me please
お願いだから助けて!

[Chorus]
Only you can set me free
自由に出来るのはあなただけ
‘Cause I’m guilty, guilty as a can be
だって私は有罪よ 女の子として一番重い罪なの
Come on baby, can’t you see
ねえ あなたにはわからない?
I stand accused, of love in the first degree
第一級恋愛罪で訴えられているの
Guilty of love in the first degree
第一級恋愛罪よ

[Pre-Chorus]
And the judge and the jury
そして裁判官と陪審員が
They all put the blame on me
無実の私に罪を着せるのよ
They wanna tell from my story
私の言い分も聞かないし
They want to hear my plea
弁解の余地もないの

[Chorus]
Only you can set me free
自由に出来るのはあなただけ
‘Cause I’m guilty, guilty as a can be
だって私は有罪よ 女の子として一番重い罪なの
Come on baby, can’t you see
ねえ あなたにはわからない?
I stand accused, of love in the first degree
第一級恋愛罪で訴えられているの
Guilty of love in the first degree
第一級恋愛罪よ

[Chorus]
Only you can set me free
自由に出来るのはあなただけ
‘Cause I’m guilty, guilty as a can be
だって私は有罪よ 女の子として一番重い罪なの
Come on baby, can’t you see
ねえ あなたにはわからない?
I stand accused, of love in the first degree
第一級恋愛罪で訴えられているの
Guilty of love in the first degree
第一級恋愛罪よ

曲名Love in the First Degree
(邦題:第一級恋愛罪)
アーティスト名
(バナナラマ)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
(アルバム)

Love in the First Degree/ 解説

「Love in the First Degree」は世界的なセールスは振るわなかったものの、本国UKでチャート3位と好セールスをたたき出しました。残念ながらリリース後にメンバーのシボーンが、音楽の方向性の違いから脱退を表明。1988年のブリット・アワードでこの「Love in the First Degree」を歌ったのが、シボーンにとって最後の舞台となりました。

この曲のPVは個人的に好きなのですが、エルヴィス・プレスリーの映画「ジェイルハウス・ロック」を意識した作りになっています。ダンサーは白黒の縞模様、牢屋が並ぶ中でのダンスなど、確かに影響を感じられますね。歌詞も女性が恋愛罪で捕えられるという内容で、PVと非常にマッチしています。