Minority/ 歌詞和訳と意味

[Chorus]
I wanna be the minority
少数派になりたい
I don’t need your authority
お前の権力なんかいらねえ
Down with the moral majority
常識ぶった多数派をぶっつぶせ
‘Cause I wanna be the minority
俺は少数派になりたいんだ

[Verse 1]
I pledge allegiance to the underworld
裏社会に忠誠を誓ったのさ
One nation under dog there of which I stand alone
この負け犬国家じゃそんなやつは俺くらい
A face in the crowd unsung against the mold
ちっぽけな存在でもお前らには染まらねえよ
Without a doubt, singled out, the only way I know
絶対に抜き出てやる それこそが俺の生き方

[Chorus]
‘Cause I wanna be the minority
少数派になりたい
I don’t need your authority
お前の権力なんかいらねえ
Down with the moral majority
常識ぶった多数派をぶっつぶせ
‘Cause I wanna be the minority
俺は少数派になりたいんだ

[Bridge]
Stepped out of the line
群れから外れた羊のように
Like a sheep runs from the herd
引かれたレールをはみ出して
Marching out of time to my own beat now
遅れてでも俺のペースで歩いてやる
The only way I know
それこそが俺の生き方

[Verse 2]
One light, one mind, flashing in the dark
暗闇の中で光のように輝く心が
Blinded by the silence of a thousand broken hearts
沈黙を貫く無数の壊れた心に遮られてる
“For crying out loud,” she screamed unto me
「呆れた」なんて彼女が叫びやがるけど
A free-for-all, fuck ‘em all, “You are your own sight!”
俺の勝手だろくそったれ!意見を押しつけんな!

[Chorus]
‘Cause I wanna be the minority
少数派になりたい
I don’t need your authority
お前の権力なんかいらねえ
Down with the moral majority
常識ぶった多数派をぶっつぶせ
‘Cause I wanna be the minority, hey!
俺は少数派になりたいんだ

[Verse 3]
One light, one mind, flashing in the dark
暗闇の中で光のように輝く心が
Blinded by the silence of a thousand broken hearts
沈黙を貫く無数の壊れた心に遮られてる
“For crying out loud,” she screamed unto me
「呆れた」なんて彼女が叫びやがるけど
A free-for-all, fuck ‘em all, “You are your own sight!”
俺の勝手だろくそったれ!意見を押しつけんな!

[Chorus]
‘Cause I wanna be the minority
少数派になりたい
I don’t need your authority
お前の権力なんかいらねえ
Down with the moral majority
常識ぶった多数派をぶっつぶせ
‘Cause I wanna be the minority
俺は少数派になりたいんだ

[Outro]
I wanna be the minority
少数派になりたい
I wanna be the minority
俺は少数派になりたいんだ
I wanna be the minority
少数派になりたい
I wanna be the minority
俺は少数派になりたいんだ

曲名Minority
(マイノリティ)
アーティスト名
(グリーン・デイ)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
(アルバム)

Minority/ 解説

「Good Riddance」の後、ビリーはアコースティックギターを弾くことに興味を持ちはじめたのと同時に、ポップパンクバンドの急増に嫌気がさしていました。

そんな2000年、ジョージ・ブッシュとアル・ゴアが争う大統領選がスタート。それを見たビリーは、アメリカ全体が保守派に傾いていると感じたそうです。

そこらへんのポップパンクとは違う何かがしたかったビリーは、大統領選で感じた政治への思いをつづった曲を書きました。これが「Minority」です。歌詞には、「集団主義に陥らずに自分の信条を持とう」と人々に警鐘を鳴らすメッセージが込められています。

ちなみに歌詞の一部ですが、これはアメリカ合衆国の「忠誠の誓い」という、公式な行事で読まれる宣誓文を意識して作られています。