More Than Words/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1: Gary Cherone]
Saying “I love you”
Is not the words I want to hear from you
君から聞きたいのは “愛してる” の言葉じゃない
It’s not that I want you not to say,
言わなくていいって訳じゃない
But if you only knew
君が分かってるなら
How easy it would be to show me how you feel
君の本当の気持ちを教えてくれたらどんなに楽か
More than words is all you have to do to make it real
言葉にできないことで君が表現してくれたら
Then you wouldn’t have to say that you love me
僕に愛してるは言わなくてもいい
‘Cause I’d already know
僕は分かってるから

[Chorus]
What would you do if my heart was torn in two?
僕の心が二つに引き裂かれたらどうするんだ?
More than words to show you feel
言葉以上の気持ちを伝えれば
That your love for me is real
僕に対する愛が本物ということ
What would you say if I took those words away?
僕が言葉を奪ったら君は何て言うんだ?
Then you couldn’t make things new
Just by saying, “I love you”
“愛してる” の言葉だけでは新しいものは生まれない

Da-de-da-la-de-da
La-de-dei-dei-dei
More than words
言葉にできない

[Verse 2: Gary Cherone]
Now that I’ve tried to talk to you and make you understand
君に説明して分かってもらうよ
All you have to do is close your eyes
君は目を閉じるだけでいい
And just reach out your hands and touch me
手を伸ばして僕に触れてごらん
Hold me close, don’t ever let me go
僕を強く抱きしめて、僕を離さないで
More than words is all I ever needed you to show
君に見せて欲しいのは言葉にできないこと
Then you wouldn’t have to say that you love me
そうすれば僕に愛してるは言わなくてもいい
‘Cause I’d already know
僕は分かってるから

[Chorus]
What would you do if my heart was torn in two?
僕の心が二つに引き裂かれたらどうするんだ?
More than words to show you feel
言葉以上の気持ちを伝えれば
That your love for me is real
僕に対する愛が本物ということ
What would you say if I took those words away?
僕が言葉を奪ったら君は何て言うんだ?
Then you couldn’t make things new
Just by saying, “I love you”
“愛してる” の言葉だけでは新しいものは生まれない

Da-de-da-la-de-da
La-de-dei-dei-dei
More than words
言葉にできない

[Outro]
More than words
言葉にできない

曲名More Than Words
(モア・ザン・ワーズ)
アーティスト名
(エクストリーム)
収録アルバム II:
リリース日 (シングル)
1990年 (アルバム)

More Than Words/ 解説

「More Than Words」はアメリカのハードロックバンド、エクストリームの代表曲で全米チャート1位にも輝いたアコースティックナンバーです。

この時代はアンプラグドブームによって、「To Be With You」、エリック・クラプトン「Tears in Heaven」などのアコースティックナンバーがヒットしました。

この曲は “愛してる” の言葉で言い訳したり誤魔化したりせず、言葉以上の行為で示してという歌詞です。”I love you” が嫌という訳ではなく、魔法の言葉のように軽々しく使わないでくれということです。

愛の言葉を軽々しく使う女性をイメージしづらい気もしますが、エクストリームはロックバンドにしては誠実な人たちなのでしょう。

それぞれの立場と状況によって浅くも深くもとれる歌詞です。