Shout To The Top/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
I was half in mind, I was half in need
心の半分は冷静で、半分は助けを求めていた
And as the rain came down, I dropped to my knees and I prayed
そしたら雨が降ってきたから、ひざまずいて祈った
I said, oh, heavenly thing, please cleanse my soul
そしてこう言った、「神よ、我が魂を清めて下さい」
I’ve seen all on offer and I’m not impressed at all
「何を見ても少しも心が動かないんです」

[Verse 2]
I was halfway home, I was half insane
家に帰る途中だった、正気じゃなかったのかもね
And every shop window I looked in just looked the same
目に映るどのショーウインドウもみんな同じように見えたんだよ
I said now send me a sign to save my life
そして我が人生を救うお告げをくださいって頼んだ
Cause at this moment in
だって今この瞬間
there’s nothing certain in these days of mine
人生に確信なんてものはないんだから

[Pre-Chorus]
Y’see, it’s a frightening thing when it dawns upon you
そうさ、そんな自分にも理解できるようになってきたのは驚くべきこと
That I know as much as the day I was born
生まれた時と同じくらい何も知らなかったくせに
And though I wasn’t asked I might as well stay
どうせだったらそのままで良かったのかもしれないね
And promise myself each and every day
それでもどんな日であろうと自分の心に誓いを立ててるんだ

[Chorus]
That when you’re knocked on your back and your life’s a flop
背中を叩かれてお前の人生は失敗だなんて言われて
And when you’re down on the bottom there’s nothing else but
本当にどん底に落ちた時は
To shout to the top
上に向かって叫ぶしかない

We’re gonna shout to the top
俺たちは上に向かって叫ぶ

[Pre-Chorus]
Y’see, it’s a frightening thing when it dawns upon you
そうさ、そんな自分にも理解できるようになってきたのは驚くべきこと
That I know as much as the day I was born
生まれた時と同じくらい何も知らなかったくせに
And though I wasn’t asked I might as well stay
どうせだったらそのままで良かったのかもしれないね
And promise myself each and every day
それでもどんな日であろうと自分の心に誓いを立ててるんだ

[Chorus]
Oh, when you shout to the top, shout
上に向かって叫ぶしかない、シャウト

We’re gonna shout to the top, shout
俺たちは上に向かって叫ぶ、シャウト

[Chorus Repeat 2]
when you’re knocked on your back and your life’s a flop
背中を叩かれてお前の人生は失敗だなんて言われて
And when you’re down on the bottom there’s nothing else but
本当にどん底に落ちた時は
To shout to the top, shout
上に向かって叫ぶしかない、シャウト

We’re gonna shout to the top, shout
俺たちは上に向かって叫ぶ、シャウト

[Outro]
We’re gonna shout to the top, shout
俺たちは上に向かって叫ぶ、シャウト

曲名Shout To The Top
(シャウト・トゥ・ザ・トップ)
アーティスト名
(スタイル・カウンシル)
収録アルバム
リリース日 10月(シングル)
1985年 (アルバム)

Shout To The Top/ 解説

スタイル・カウンシル はポール・ウェラーとミック・タルボットで構成されるイギリスのデュオバンドです。ロック、ソウル、ジャズ、ニューウェイヴなど様々なジャンルをミックス、なおかつ洗練されたサウンドは世界中で高い評価を得ました。

1984年に発表されたファーストアルバム『カフェ・ブリュ』はロック史の中でも名盤と誉れ高いアルバムです。ロック好きがジャズを聴く入門編としてオススメです。

そんな独自なスタイルを切り開いたスタイル・カウンシルの中でも「Shout To The Top」はチャートアクションのあった曲です。爽やかなサウンドとは裏腹に歌詞は労働者階級のテーマ曲とも言える泥臭いナンバーです。