Souvenirは、2017年頃にセレーナが付き合っていたシンガーのザ・ウィークエンドとの思い出を歌ったと思われる曲です。曲中で明言されていないものの、二人が一緒にいるところを目撃されたサンセットタワー・ホテルの名前が出てくるなど、ほぼ確実にウィークエンドの事を歌っています。

今回はそんなSelena Gomez(セレーナ・ゴメス)、「Souvenir(スーベニア)」の和訳を紹介します。

「Souvenir」歌詞の意味と和訳

あの8月のニューヨークのこと
10階のバルコニーから
ジェーン通りとグリーンウィッチ通りに
煙が浮かんでいった
私を見つめるあいつらを
睨みつけるあなたに鳥肌が立った
背筋がぞくっとしたの
頭のてっぺんからつま先まで

あなたの瞳の中で泳ぐの
エジプシャンブルーの瞳は
あなたがいなければ出会わなかった

たとえ100度の灼熱でもぞくっとする
あなたがいれば睡眠薬よりも眠れる
あなたの名前を呼ぶこと
それだけが私の喋れる言葉
息をのんでしまうわ
あなたの残したモノを見るとね

ゾクゾクさせてよ ねえ

サンセットタワーのロビーで
私を待ってるあなた
エレベーターの中で鍵を探して
角を曲がるたびにキス
プレジデンシャルスイートで
93年物のボルドーワインを開けた

あなたの瞳の中で泳ぐの
エジプシャンブルーの瞳は
あなたがいなければ出会わなかった

たとえ100度の灼熱でもぞくっとする
あなたがいれば睡眠薬よりも眠れる
あなたの名前を呼ぶこと
それだけが私の喋れる言葉
息をのんでしまうわ
あなたの残したモノを見るとね

ゾクゾクさせてよ

夢中にさせて
夢中にさせて 贈り物みたいに
夢中にさせて
夢中にさせて 贈り物みたいにたとえ100度の灼熱でもぞくっとする
あなたがいれば睡眠薬よりも眠れる
あなたの名前を呼ぶこと
それだけが私の喋れる言葉
息をのんでしまうわ
あなたの残したモノを見るとね

夢中にさせて
夢中にさせて 贈り物みたいに
夢中にさせて
夢中にさせて 贈り物みたいに

「Souvenir(スーベニア)」 – Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)の歌詞を和訳