There Must Be an Angel (Playing With My Heart)/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
No-one on earth could feel like this
地球上の誰もこんな気持ちにはならないだろうね
I’m thrown and overblown with bliss
僕は解き放たれ、祝福に満ち溢れているんだ
There must be an angel
きっと天使がいるはずだよ
Playing with my heart
天使が僕の心を奏でてるんだ
I walk into an empty room
誰もいない部屋に入ると
And suddenly my heart goes
“boom”!
すぐに僕の心が “バーン” と鳴るんだ
It’s an orchestra of angels
天使たちのオーケストラだよ
And they’re playing with my heart
天使が僕の心を奏でてるんだ

[Chorus]
Must be talking to an angel
天使と話してるんだ
Must be talking to an angel
天使と話してるんだ
Must be talking to an angel
天使と話してるんだ
Must be talking to an angel
天使と話してるんだ

[Verse 2]
No-one on earth could feel like this
地球上の誰もこんな気持ちにはならないだろうね
I’m thrown and overblown with bliss
僕は解き放たれ、祝福に満ち溢れているんだ
There must be an angel
きっと天使がいるはずだよ
Playing with my heart
天使が僕の心を奏でてるんだ
And when I think that I’m alone
一人になって物思いにふけると
It seems there’s more of at home
部屋に誰かがいる気がするんだ
It’s a multitude of angels
天使がたくさんいるんだよ
And they’re playing with my heart
天使が僕の心を奏でてるんだ

[Chorus]
Must be talking to an angel
天使と話してるんだ
Must be talking to an angel
天使と話してるんだ
Must be talking to an angel
天使と話してるんだ
Must be talking to an angel
天使と話してるんだ

[Bridge]
I must be hallucinating
幻覚に違いないよ
Watching angels celebrating
だって天使のセレブレーションを見てるんだから
Could this be reactivating
さらに活性化してるよ
All my senses dislocating?
すべての感覚が混乱してるんだ
This must be a strange deception
奇妙なまやかしなんだろ
By celestial intervention
天上の企みによるさ
Leavin’ me the recollection
僕の記憶に刻み込まれてるよ
Of your heavenly connection
天空との関係を築くためにね

[Outro]
I walk into an empty room
誰もいない部屋に入ると
And suddenly my heart goes “boom”!
すぐに僕の心が “バーン” と鳴るんだ
It’s an orchestra of angels
天使たちのオーケストラだよ
And they’re playing with my heart
天使が僕の心を奏でてるんだ

曲名There Must Be an Angel (Playing With My Heart)
(ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル (プレイング・ウィズ・マイ・ハート))
アーティスト名
(ユーリズミックス)
収録アルバム
リリース日1985年 (シングル)
1985年 (アルバム)

There Must Be an Angel (Playing With My Heart)/ 解説

ユーリズミックスは80年代に活躍したイギリス出身のデュオグループです。メンバーのアニー・レノックスとデイヴ・スチュワートはバンド時代、恋人関係にありましたが、デュオ結成を機に解消しています。

歌いだしのスキャットはとても印象的なので、知ってる人も多いでしょう。恋する気持ち、胸の高鳴りは天使が心を奏でてるのです。天使たちのオーケストラはさらに歓喜をもたらします。ときめく恋心は天使が心を奏でてるなんて、美しい表現ですね。後半の少し疑ってかかるパートもイギリス人らしいです。

間奏の存在感あるハーモニカはスティーヴィー・ワンダーが演奏しています。意外なことにユーリズミックスが全英チャートで1位に輝いたのはこの曲だけです。