Time To Pretend/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
I’m feeling rough, I’m feeling raw
野性を証明する、本能のままに生きる
I’m in the prime of my life
至福のマイライフ
Let’s make some music, make some money
曲をガンガン作って、金を稼ぐ
Find some models for wives
色んなモデルの中から妻を見つける
I’ll move to Paris, shoot some heroin
パリに引っ越して、ヘロインキメる
And fuck with the stars
有名人とヤリまくる
You man the island and the cocaine and the elegant cars
自分の島とコカインと高級車を手に入れる

[Chorus]
This is our decision, to live fast and die young
これこそが我らの道しるべ、生き急いで早死にする
We’ve got the vision, now let’s have some fun
ヴィジョンは描いてる、だから今を楽しもう
Yeah, it’s overwhelming, but what else can do?
そうだよ、圧倒的だろ、他にどうすればいい?
Get jobs in offices and wake up for the morning commute?
オフィスで仕事して、朝の通勤のために早起きしろって?
Forget about our mothers and our
母親や友人のことは忘れて
We’re fated to pretend
僕たちはフリをする運命にあるんだ
To pretend
フリをするんだよ
We’re fated to pretend
僕たちはフリをする運命にあるんだ
To pretend
フリをするんだよ

[Verse 2]
I’ll miss the playgrounds
And the animals and diggin’ up worms
遊び場も動物たちもミミズ掘りも恋しいよ
I’ll miss the comfort of my mother
And the weight of the world
母さんの安らぎと世界の重みが恋しいよ
I’ll miss my sister, miss my father
妹が恋しい、父さんが恋しい
Miss my dog and my home
愛犬が恋しい、僕の家が恋しいよ
Yeah, I’ll miss the boredom and the freedom
本当だよ、退屈さ、自由、
And the time spent alone
一人で過ごした時間が恋しいよ

[Chorus]
But there is really nothing, nothing can do
何もできないんだ、僕らは無力なんだよ
Love must be forgotten, life can always start up anew
でも愛は忘れさせてくれるし、人生はいつだって新たに始めることができるんだ
The models will have children,
モデルの妻に子供ができたら
we’ll get a divorce
離婚して
We’ll find some more models,
若いモデルを探せばいいよ
must run its course
すべては成り行きまかせさ
We’ll choke on our vomit and that will be the end
僕たちはゲロを窒息させて死ぬんだよ
were fated to pretend
僕たちはフリをする運命にあるんだ
To pretend
フリをするんだよ
We’re fated to pretend
僕たちはフリをする運命にあるんだ
To pretend
フリをするんだよ

[Outro]
I said yeah, yeah, yeah
そうなんだよ
Yeah, yeah, yeah
そうだろ
Yeah, yeah, yeah
そうだろ
Yeah, yeah, yeah
そうだろ

曲名Time To Pretend
(タイム・トゥ・プリテンド)
アーティスト名
(エム・ジー・エム・ティー)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
2007年 (アルバム)

Time To Pretend/ 解説

MGMTはニューヨークのブルックリン出身のアンドリュー・ヴァンウィンガーデンとベン・ゴールドワッサーを中心としたサイケデリックポップバンドです。MGMTは以前のバンド名のManagementを略したものです。

プロデュースはモグワイ、ベルセバ、フレーミング・リップス、ウィーザー、ナンバーガールなどを手掛けたデイヴ・フリッドマンです。サウンドに独特の空間を作り出すことで知られてます。

特異なサウンドと凝った歌詞は新たな時代の到来を感じさせます。今の時代らしく人気もネットで火がついたようです。クールに振舞いながらも滲み出るエモさが好きです。