To Be With You/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Hold on, little
頑張るんだ 愛しい人よ
Show me what he’s done to you
あいつは君に何をしたんだい
Stand up, little
さあ立ち上がって
A broken heart can’t be that
失恋もそんな悪くないもんさ

[Pre-Chorus 1]
When it’s through, it’s through
過ぎたことは過ぎたこと
Fate will twist the both of you
君たちは運命の二人じゃなかったんだ
come on, baby, come on over
だからこっちにおいでよ ほら
Let me be the one to show you
俺に証明するチャンスをくれよ

[Chorus]
I’m the one who wants to be with you
俺は君と一緒になりたいのさ
Deep inside I hope you’ll feel it too
君もそうだと心から願ってる
Waited on a line of greens and blues
嫉妬と落胆にまみれて待ってたんだ
Just to be the next to be with you
君の次の恋人になるためにね

[Verse 2]
Build up your confidence
自信を持てよ
you can be on top for once
次こそは幸せになれるさ
Wake up! Who cares about
起き上がれ 気にすんなよ
Little boys that talk too much?
あいつらは喋りすぎさ

[Pre-Chorus 2]
I’ve seen it all go down
俺は辛い時も全部見てきた
of love was all rained out
君の恋が途中で終わるのもね
come on, baby, come on over
だからこっちにおいでよ ほら
Let me be the one to hold you
俺に抱きしめさせてくれよ

[Chorus]
I’m the one who wants to be with you
俺は君と一緒になりたいのさ
Deep inside I hope you’ll feel it too
君もそうだと心から願ってる
Waited on a line of greens and blues
嫉妬と落胆にまみれて待ってたんだ
Just to be the next to be with you
君の次の恋人になるためにね

[Bridge]
Why be alone
どうして一人でいるの
When can be together, baby?
俺と君は一緒になれるのに?
You can make my life worth while
君は俺の人生に価値をくれる
I can make you start to
俺は君を笑顔に出来るよ

[Pre-Chorus 1]
When it’s through, it’s through
過ぎたことは過ぎたこと
Fate will twist the both of you
君たちは運命の二人じゃなかったんだ
come on, baby, come on over
だからこっちにおいでよ ほら
Let me be the one to show you
俺に証明するチャンスをくれよ

[Chorus]
I’m the one who wants to be with you
俺は君と一緒になりたいのさ
Deep inside I hope you’ll feel it too
君もそうだと心から願ってる
Waited on a line of greens and blues
嫉妬と落胆にまみれて待ってたんだ
Just to be the next to be with you
君の次の恋人になるためにね

I’m the one who wants to be with you
俺は君と一緒になりたいのさ
Deep inside I hope you’ll feel it too
君もそうだと心から願ってる
Waited on a line of greens and blues
嫉妬と落胆にまみれて待ってたんだ
Just to be the next to be with you
君の次の恋人になるためにね
Just to be the next to be with you
君の次の恋人になるためにね

曲名To Be With You
(トゥ・ビーウィズ・ユー)
アーティスト名
(ミスター・ビッグ)
収録アルバム
リリース日1991年 (シングル)
(アルバム)

To Be With You/ 解説

To Be With Youは、ボーカルのエリック・マーティンが高校の頃に恋した女友達のことを歌った曲です。エリックがまだ高校2年生の頃。彼は姉の女友達に恋心を抱いていました。彼女はエリックによく世話を焼いてくれ、また彼女自身の失恋の話などもよく話してくれたそうです。

エリックは彼女と付き合いたいと思っていたものの、結局は告白出来ずじまいで終わります。なぜなら年下の男の子と付き合うなど、年頃の女の子にとってあり得ない事だとわかっていたからでした。その時の思い出を歌ったのがTo Be With Youです。

曲名To Be With You
(トゥ・ビーウィズ・ユー)
アーティスト名
(ミスター・ビッグ)
収録アルバム
リリース日1991年 (シングル)
(アルバム)