Whiskey/Maroon 5 歌詞和訳と意味

[Chorus: Adam Levine]
Leaves are fallin’, it’s September
木の葉が舞い落ちる 9月
The night came in, it made her shiver
夜が訪れて 彼女は震えていた
I told her she could have my jacket
僕は ジャケットを貸すよと言って
Wrapped it tight around her shoulders
彼女の肩に 掛けてあげたんだ
And I was so young ‘til she kissed me
僕は まだ若過ぎたんだ 君がキスをしてくれるまでは・・・
Like a whiskey, like a whiskey
まるで ウィスキーのようさ

[Verse 1: Adam Levine]
I never knew that love was blind
恋が盲目だなんて 知らなかったよ
‘Til I was hers, but she was never mine
僕は彼女のもので でも 彼女は僕のものじゃなかった
Yeah, I was reckless
そう 僕は無鉄砲だったんだ
But I let it burn, I let it burn, yeah
だけど 僕は想いを燃やし続けた
The feelin’, it was bittersweet
あの感覚は・・・なんだかほろ苦いよ
Realizin’ I was in too deep
深みにハマってしまってたんだ
She was a lesson
彼女から学んだんだよ
I had to learn, I had to learn, yeah
知っておくべきだったんだ

[Pre-Chorus: Adam Levine]
I used to try to forget her
彼女を忘れようとしたけれど
But now I smile when I remember
思い出すたびに 微笑んでしまう
Ooh

[Chorus: Adam Levine]
Leaves are fallin’, it’s September
木の葉が舞い落ちる 9月
The night came in, it made her shiver
夜が訪れて 彼女は震えていた
I told her she could have my jacket
僕は ジャケットを貸すよと言って
Wrapped it tight around her shoulders
彼女の肩に 掛けてあげたんだ
And I was so young ‘til she kissed me
僕は まだ若過ぎたんだ 君がキスをしてくれるまでは・・・
Like a whiskey, like a whiskey
まるで ウィスキーのようさ

[Verse 2: Adam Levine]
Would’ve left this world behind
現実逃避をしていたかもしれない
Just to wake up by your side
ただ 毎朝 君のそばで目覚めたいがために
Every mornin’, I would’ve sold my soul for a lil’ more time
もう少し時間があれば 魂さえ売っていたかもしれない 
Would’ve waited a thousand nights
千もの夜を 待ち続けた
If she never said goodbye
もし 彼女がサヨナラを言わなかったとしたら
I admit that I
僕は認めるよ
Would’ve sold my soul for a little more time
君との時間を少しでも欲しいために 魂を売っていたって
Ooh

[Pre-Chorus: Adam Levine]
I used to try to forget her
彼女を忘れようとしたけれど
But now I smile when I remember
思い出すたびに 微笑んでしまう

[Chorus: Adam Levine]
Leaves are fallin’, it’s September
木の葉が舞い落ちる 9月
The night came in, it made her shiver
夜が訪れて 彼女は震えていた
I told her she could have my jacket
僕は ジャケットを貸すよと言って
Wrapped it tight around her shoulders
彼女の肩に 掛けてあげたんだ
And I was so young ‘til she kissed me
僕は まだ若過ぎたんだ 君がキスをしてくれるまでは・・・
Like a whiskey, like a whiskey
まるで ウィスキーのようさ

[Verse 3: A$AP Rocky]
I ain’t like the other Cognacs
俺は 他のコニャックと同じじゃないぜ
Or type of cat that’d never call back
返事をしてこないような 猫とも違う
Or lose contact when you runnin’ out of rum and you make a run
ラム酒が切れると 連絡が取れなくなることもある
(Feelin’ light and dizzy, might be tipsy)
(酔いが回って 軽くフラつく)
All of that tequila’s a killer, little vodka
テキーラは殺人鬼だ ウォッカだってそうさ
Break her off somethin’ proper
正しい方法で 彼女を断ち切るさ
Pop a cork and play spin the bottle
コルクを抜いて ボトルを回す
(Every time you kiss me, like some whiskey)
(君のキスは ウィスキーのようだよ)
Punch drunk love, it’s a fine line
千鳥足の恋は 紙一重さ
Dom Pérignon, she the fine wine
ドンペリニヨン 彼女はいいワインだ
Someone call 911, I’m runnin’ out of time
誰か 警察を呼んでくれ 俺には時間がない
She done got off with my heart
なんてこった 彼女は俺のハートを奪いやがったんだ

[Chorus: Adam Levine & (A$AP Rocky)]
Leaves are fallin’, it’s September (oh)
木の葉が舞い落ちる 9月
The night came in, it made her shiver
夜が訪れて 彼女は震えていた
I told her she could have my jacket
僕は ジャケットを貸すよと言って
Wrapped it tight around her shoulders
彼女の肩に 掛けてあげたんだ
And I was so young (so young)
僕は まだ若過ぎたんだ 
‘Til she kissed me (yeah)
君がキスをしてくれるまでは・・・
Like a whiskey (yeah)
まるで ウィスキーのようさ
And I was so young (so young)
僕は まだ若過ぎたんだ 
‘Til she kissed me (yeah)
君がキスをしてくれるまでは・・・
Like a whiskey, like a whiskey
まるで ウィスキーのようだよ・・・

曲名Whiskey
(ウィスキー)
アーティスト名Maroon 5
(マルーン・ファイブ)
収録アルバムRed Pill Blues
リリース日2017年 10月20日(シングル)
2017年 11月3日(アルバム)

Whiskey/Maroon 5 解説

マルーン5がアメリカのラッパー、A$AP Rocky(エイサップ・ロッキー)をフィーチャーしてレコーディングした楽曲。6枚目のスタジオアルバム『Red Pill Blues』からの2枚目のシングルとしてリリースされました。

A$AP Rockyは、デビューアルバムの『Long Live A$AP』で全米ビルボード一位を獲得した、当時急成長、大注目のラッパー。

様々な恋の「感覚」をお酒にたとえ、その酔い方もそれぞれ。お酒が好きな人なら「ウィスキーみたいな恋」「テキーラみたいな恋」・・となんとなくイメージできるのではないでしょうか?

アダムは、ウィスキーのようにほろ苦く余韻のある恋を、エイサップは上質なワインに心奪われ骨抜きに・・・。

あなたは、どんな酔い方で恋に溺れたいですか?