you should see me in a crown/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Bite my tongue, bide my time
舌を噛んで、機が熟すのを待つの
Wearing a sign
警告のサインを身にまといながら
Wait ‘til the world is mine
世界があたしのものになるまで待つのよ
Visions I vandalize
幻想なんてあたしがぶっ壊してやるわ
Cold in my kingdom size
あたしの王国サイズくらい冷酷な
Fell for these ocean eyes
青い瞳に夢中になってしまったの

ocean eyes:ビリー・アイリッシュの楽曲名

[Chorus]
You should see me in a crown
あたしの王冠が見えるわね
I’m gonna run this nothing town
あたしがこのつまんない街を支配する
Watch me make ‘em bow
あたしを見るなりみんなひざまずくわ
One by one by one
ひとりずつ、ひとりずつね
One by one by
ひとりずつ、ひとりずつね
You should see me in a crown
あたしには王冠がふさわしいって分かるわね
Your silence is my favorite sound
あたしが好きなのはあなたの沈黙よ
Watch me make ‘em bow
あたしを見るなりみんなひざまずくのよ
One by one by one
ひとりずつ、ひとりずつね
One by one by one
ひとりずつ、ひとりずつね

[Verse 2]
Count my cards, watch them fall
カードを数えながら、いつ堕落するのか眺めるわ
Blood on a marble wall
大理石の壁に血が飛び散るのよ
I like the way they all scream
彼らの叫び声が好きなの
Tell me which one is worse
教えてよ、どっちが最悪なのか
Living or dying first
生きること、最初に死ぬこと
Sleeping inside a hearse (I don’t dream)
それとも霊柩車の中で眠ること(夢なんて見ないけどね)

Count cards:カードゲームの戦略

[Bridge]
You say, “Come over, baby
I think you’re pretty”
あなたは“こっちへ来てよ、ベイビー、可愛い子ね”って言うけど
I’m okay, I’m not your baby
大丈夫よ、あたしはあなたのベイビーなんかじゃないし
If you think I’m pretty
もし私のことが可愛いって思うなら

[Chorus]
You should see me in a crown
あたしの王冠が見えるかしら
I’m gonna run this nothing town
あたしがこのつまんない街を支配する
Watch me make ‘em bow
あたしを見るなりみんなひざまずくわ
One by one by one
ひとりずつ、ひとりずつね
One by one by
ひとりずつ、ひとりずつね
You should see me in a crown
あたしには王冠がふさわしいって分かるわね
Your silence is my favorite sound
あたしが好きなのはあなたの沈黙よ
Watch me make ‘em bow
あたしを見るなりみんなひざまずくのよ
One by one by one
ひとりずつ、ひとりずつね
One by one by one
ひとりずつ、ひとりずつね

[Chorus]
Crown
王冠よ
I’m gonna run this nothing town
あたしがこのつまんない街を支配する
Watch me make ‘em bow
あたしを見るなりみんなひざまずくわ
One by one by one
ひとりずつ、ひとりずつね
One by one by
ひとりずつ、ひとりずつね
You should see me in a crown (You should see me, see me)
あたしには王冠がふさわしいって分かるわね(見えるわね、見える)
Your silence is my favorite sound (You should see me, see me)
あたしが好きなのはあなたの沈黙よ(見えるわね、見える)
Watch me make ‘em bow
あたしを見るなりみんなひざまずくのよ
One by one by one
ひとりずつ、ひとりずつね
One by one by one
ひとりずつ、ひとりずつね

曲名you should see me in a crown
(ユー・シュッド・シー・ミー・ イン・ア・クラウン)
アーティスト名
(ビリー・アイリッシュ)
収録アルバムWhen All Fall Asleep, Where Do Go?
リリース日 (シングル)
(アルバム)

you should see me in a crown/ 解説

「you should see me in a crown」はビリー・アイリッシュが2018年に発表したシングルです。いきなりビリー旋風が巻き起こったわけではなく全米41位全英60位とまずまずの滑り出しでした。歌詞は非常に刺激的で、翌年の「 Guy 」大爆発に向けた予兆はすでにあったのです。

“私の王冠が見えるわね、あたしがつまんない街を支配する、あたしを見るなりみんなひざまずくのよ” と非常に挑戦的なフレーズが並びます。16歳のビリーにはすでに未来の姿が見えていたのでしょうか。“なめられてたまるか” というビリーの強い意志が込められています。“なにくそ根性” はどの世界にも、どの時代にも人の心を掻き立てるものですね。

タイトルはイギリスBBCの人気ドラマ『 シャーロック』に登場するジム・モリアーティ教授のセリフを引用したものだそうです。

同曲が収録されたアルバム『When All Fall Asleep, Where Do Go?』は第62回グラミー賞にてクリストファークロス以来39年ぶり、史上2度目の主要4部門同時受賞となりました。しかも史上最年少17歳での快挙というおまけ付きです。