Anarchy in the U.K./ 歌詞和訳と意味

[Intro]
Right now, heh heh heh heh
今すぐやりな

[Verse 1]
I an Antichrist
俺はアンチキリスト
I an anarchist
俺は誰の指図も受けない
Don’t know what I want but I know
how to get it
欲しいものは分からないが手に入れる方法は知ってるぜ
I wanna destroy the passersby
通行人をぶっ飛ばすだけだ

anarchist:アナーキスト、何でもあり、好き放題

[Chorus 1]
‘Cause I, I wanna be anarchy!
だって俺はアナーキーになるんだぜ
No dogsbody!
こき使われてたまるかよ

anarchy:無政府状態を意味しますが、無秩序、自由なイメージです。

[Verse 2]
Anarchy for the U.K. it’s coming sometime and maybe
イギリスがアナーキーになる、そんな日がやってくるかもな
I give a wrong time, stop a traffic line
時間が狂って、交通機関はストップだ
Your future dream is a shopping scheme
お前のショッピング計画も夢になるぞ

[Chorus 2]
‘Cause I, I wanna be anarchy!
だって俺はアナーキーになるんだぜ

この街でな

[Verse 3]
How many ways to get what you want
欲しいものを手に入れる手段はいくらだってあるんだ
I use the best, I use the rest
あの手この手を尽くし、最後の切り札も使って
I use the N.M.E
敵も利用して
I use anarchy
アナーキーも利用するぜ

N.M.E:イギリスの音楽誌。Enemy(敵)とかけてます。

[Chorus 3]
‘Cause I, I wanna be anarchy!
だって俺はアナーキーになるんだぜ
The only way to be!
それが唯一の方法だからな

[Verse 4]
Is this the M.P.L.A
これってM.P.L.A.のことか
Or is this the U.D.A
それともU.D.Aか
Or is this the I..A
だったらI..Aか
I thought it was the U.
でも俺はU..だと思うぜ
Or just another country
じゃなきゃよその国かもな
Another council tenancy
もうひとつの議会を運営してるんだろうよ

M.P.L.A:アンゴラ解放人民運動
U.D.A:アルスター防衛同盟
I..A:アイルランド共和軍

[Outro]
I wanna be anarchy
俺はアナーキーになるんだ
And I wanna be anarchy
俺はアナーキーになるんだぜ
Know what I mean?
俺の言ってる意味が分かるか?
And I wanna be anarchist!
俺はアナーキストになるんだぜ
I get pissed, destroy!
酒にまみれてぶっ壊す!

曲名Anarchy in the U.K.
(アナーキー・イン・ザ・U.K.)
アーティスト名
(セックス・ピストルズ)
収録アルバムNever Mind the Bollocks, Here’s the
リリース日 1(シングル)
(アルバム)

Anarchy in the U.K./ 解説

セックス・ピストルズは1970年代後半にロンドンで起きたパンクムーヴメントを代表するバンドです。ロンドンパンク、初期パンクとも呼ばれてます。

仕掛け人のマルコム・マクラーレンとヴォーカルのジョニー・ロットンを中心に後世のロックバンドに大きな影響とスピリットを与えました。

「Anarchy in the U.K.」が収録されてるアルバム『』はピストルズ唯一のオリジナルアルバムで他のパンクバンド、同時代のロックバンドのアルバムと比べても音が優れてるのが特徴です。ピンク・フロイドなどを手掛けたプロデューサー、クリス・トーマスの功績も大きいでしょう。

セックス・ピストルズと言えばシド・ヴィシャス(ベース)のイメージが強いですが、曲作りのメインは前任ベーシストのグレン・マトロックが担当してました。シドは演奏レベルも低く、彼の代わりにレコーディングでベースを弾いたのはギターのスティーブ・ジョーンズです。

ジョニー・ロットン “アナーキーとは思考の自由を示してるんだ。何もかもがシステム化された時代だからこそ、個人個人が真剣に向き合っていくテーマなんだよ。”